★ 社会人音楽サークル 「サウンドダック」  大阪 / 京都 / 神戸 (関西)+東京 メンバー募集 (おやじ歓迎‐笑) ベーシスト急募 ☆

サウンドダックは、社会人の “音楽仲間の出会いと交友の場” です。 ジャズ、フュージョン、ファンク、R&B、ボサノバ、ポップス等を好きな人が集まり、上手い下手にとらわれず、自分なりに音楽を楽しもうとできた、年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の音楽サークルです。

プロフィール

連絡室 “あひる君” (^^♪

Author:連絡室 “あひる君” (^^♪
                           
◇音楽サークル「サウンドダック」は、“仲間を創って音楽を楽しもう!”を合言葉にして、関西で活動する年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の集いです。

◇交流会で気の合う仲間を創り、別の楽器の人と知り合い、世代と立場を超えて交友を広げ、自分の音楽をもっと楽しくしようというコンセプトで集まりました (^^♪

◇2009年7月には、雑誌「週刊ポスト」から取材を受け、写真と共に紹介文が掲載されました。(今現在は2017年)

カテゴリー

必見!FC2 ジャズ・ブログ

◆ 日本中のジャズ・フリークが登場して、けっこう面白いです。
いろんな人がいるもんですねー。

この中から 「サウンドダック」 を探して、
クリックしてください。栄冠の “第一位” に、ぜひご協力をお願いいたします(笑)
                   

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

4 サウンドダックのいろいろな活動

 
“交流会”から派生した6つの活動です(^^♪


活動の中心となる春夏秋冬の交流会から、自然に広がったいろいろな活動があります。
交流会の案内は、10番目の記事に記してある連絡室から行きますが、これらの各活動は、それぞれの担当リーダーが参加希望メンバーを登録して、別途に案内を送ります。
リーダーのアドレスは、連絡室に問い合わせていただければお伝えします。

(SDとは、みんなが呼んでいるサウンドダックの略称です)


塩次伸二 / そう言えばあの頃、吉本興業の漫才師から音楽に転向した、“北京一” ってのがおったなぁ、誰か消息を知ってたら教えてください。「男でっせ、カルーセル麻紀!」というギャグでした(笑)


(1)SDBS ビギナーセッション
ジャズ初心者の練習会で、スタジオが主ですが、ライブハウスでも行います。
楽器組と歌組があり、セッションのルールなども勉強します。
ヴォーカルの方は、ヴォイストレーニングや、移調符の書き方も学びます。
登録メンバー数は、約80名
(内ヴォーカルは、約20名)
担当リーダー 〇〇さん(〇ー君)

〇ー君から一言^_^*
「ジャズを勉強したり、練習を通じてジャズを身近に感じ、セッションを楽しめるようになってもらうのがこの練習会の狙いです。
たまご組とあひる組に別れて、段階を踏みながら練習しますので、初めての方もご安心ください。

皆さんの練習の成果を発表する場として、交流会で初心者コーナーを設けていただいており、演奏や歌唱を披露していただきます。
SDBSにご参加されますと、さらに交流会が楽しくなりますよ♪」


(2)SDJS 純ジャズセッション
スタンダードジャズを中心とした、スタジオ or 小さなライブハウスでの集い
登録メンバー数は、約60名
担当リーダー 〇〇さん(〇〇けん兄さん)

〇〇けん兄さんから一言^_^*
「ジャズが大好きで演奏を楽しみたい、極めたい方の集まりです。
プロ級から初心者の方まで歓迎です。
事前に希望曲を調整しますので、練習期間を確保できるセッションです。
みんなで本格的なジャズセッションを楽しみましょう♪」


(3)SDLS ライトミュージックセッション
ジャンルで括らない大人の軽音セッション
小さなライブハウスに、楽器&ヴォーカルのない交ぜで集まります。
登録メンバー数は、約70名
担当リーダー 〇〇さん(〇明)

〇明から一言^_^*
「元々ファンクセッションとしてスタートしましたが、よりジャンルの裾野を広げてライトミュージックとしました。
Pops、Rock、Fusion、Soul、R&B、Blues、etcと幅広いリクエストを受け付け、掲示板でのやり取りの後、ライブハウスを借り切って1発合わせで演奏します。
とにかく、みんなが楽しめるセッションにしたいです♪」


(4)京都人会 京都セッション
京都方面の方々の集いとしてスタートしましたが、京都以外の方々も多いです。
毎回いくつかバンドを組んで、交流会に出ています。
登録メンバー数は、約60名
担当リーダー 〇〇さん(〇ねぇ)

〇ねぇから一言^_^*
「交流会での出演の敷居を低くしたい、という思いで2014年7月に発足した会です。
交流会の直前の時期に課題曲を練習して、有志で出演しています。
京都在住者以外も大歓迎です。
恒例の祇園祭り飲み会にもぜひ。
ご連絡お待ち申してます♪」


ビル・エバンス / あなたは、いつでも僕にとって特別な人でした、もちろん今も、そしてこれからも♪
(スマホで見ると、ビル・エバンスと下のウエス・モンゴメリーだけが、どうしても写真が小さく表示されますね…)

(5)SD親睦会 飲み会
新しくSDに入った方&新しい方と仲良くなりたいと思っている方&単に飲み会の大好きな方との懇親の集い(笑)
登録メンバー数は、約70名
担当リーダー 〇〇さん(〇えやん)

〇えやんから一言^_^*
「新しい方々と、従来からの方々とが、お酒を飲みながら親睦を深める会です。
いつも梅田の居酒屋で行っています。
気軽な感じで登録依頼してくださいね、その都度また案内を送ります。

新しい方々からは、交流会に行くまでにどんなサークルなのか不安でしたが、親睦会で楽しくメンバーを知ることができて良かったとのお声をいただいています。
SDを知るにはまずは親睦会。
もえ?!怪しい幹事を確認しに来てください(笑)
楽しく飲みましょうね♪」


(6) SDTwitterコミュニティ
初期の頃は、初代管理人の筆者(〇〇さん)が、毎日10ツイートほど呟いていた(笑)、歴史あるSDコミュニケーションツール
四代目管理人 〇〇君(〇っちゃん)
コミュ参加人数は、約60名

〇っちゃんから一言^_^*
「サウンドダックのメンバー間のコミュニケーションにツイッターを使っています。
ぜひ日々のあれこれを呟き合って親睦を深めましょう。
コミュご参加の際は、自己紹介欄に"SD"と記入して、
@tmatsu3399をフォローしてください。
こちらからもフォローを返します。
(ご自分のフォロワー全員に、フォローを返してくださいね)

「SD広報」は、代表の〇〇さんから、このアカウントにツイートされますので、気に掛けて見ていただければと思います。
交流会やセッションの間には少し時間が空きますが、ツイッターのタイムラインで、毎日のように会っているSD仲間は、その親密度において、やはり深いものがあるように思います。
SDTwitterコミュニティに、ぜひご参加くださいね♪」


ウエス・モンゴメリー / この人は、巨人というより怪物ですね、のほほんとした顔に薄ら笑いを浮かべながら、ジャズ史上に輝くもの凄いことをやってるんだから(笑)


交流会にご参加された後、できましたら、どれかの部門に入られることをお薦めします。
いろいろな活動に参加することで、演奏の機会はもちろんとして、SD内の人脈ができ、より当サークルを楽しんでいただけると思うからです。
(複数登録もオッケーです)

各活動にご興味を持たれた方は、簡単な自己紹介を添えて、担当リーダーに直接連絡してください。
それぞれのリーダーが、それぞれのやり方で運営してますので、直接のやり取りの中で、そのシステムを把握して行ってください。

ひとつ筆者(〇〇さん)の座右の銘を紹介しますね。
それはこんな言葉です。
「一歩前へのきっかけ創り」

これら6つの活動の参加資格は、当然、サウンドダックのメンバーであることです。
サウンドダックのメンバーの定義とは、簡単に言えば、交流会にご参加されている方となります
(お仕事や特別な用事がある時は、もちろん別ですので、まったくお気遣いなく)

全員集合の場としての交流会が充実してこそ、サークルとしての統一感ができます。
そして、同じ空間の“共有感”を持つことで、サークル仲間になれます。
この主旨を共通認識として、ぜひみんなで、春夏秋冬の交流会を盛り上げて行ってくださいね(^^♪

サウンドダックは、お店のセッションデーや、巷の対バンライブとは根本的に違います。
目指すのは、音楽を好きという趣味縁を元とした豊かな人間関係の環です。

目指すところは不変ですが、方法的には、状況に応じて、交流会のお店も、システムも、各セッションの内容も、また変わって行くと思います。
虚心坦懐、臨機応変に、上記のリーダー&交流会のチームキャップ&セットリスト作成キャップ達と力を合わせて、よりみんなが楽しめるサークルを目指して行きますので、ご協力をどうぞ宜しくお願いします(⌒-⌒ )

こんな音楽サークルです

5 交流会の実況中継(枯葉編)


2016年の秋の交流会(枯葉編)の実況中継です(^^♪


2016年の秋の土曜日、ビギナータイムが始まる、午前11時ちょうどにお店に入りました

レフトアローンは、昼間は窓から外の光が入るので明るく、まだお酒も入ってない故、雰囲気は発表会という感じで、まだみんな軽く緊張しているのが伝わって来ました。
ざっと見渡すと、スタートの時点で、もう約50名くらい集まっていたと思います。
(秋の交流会の参加表明は、124名)
司会者は、唄う女性ベーシストも〇ちゃんです。

SDBS(初心者練習会)ができてから、SDは本来のサークル趣旨を実現できたと思います。
担当リーダーの〇ー君&サポートメンバーの皆さんに、本当に感謝です。

オープニングギグは、〇ー君(Gt)、と〇ちゃん(Pf )、奥〇さん(B)、大〇ちゃん(Dr)のSDBSサポートメンバーによる模範演奏で始まりました。
いつ聞いても〇ー君のジャズギターは、状況に応じて変幻自在、本当に上手いです♪

SDBSの皆さんの演奏が次々と始まりました。
この日のために組まれた即席バンドですが、直前に何回も練習を重ねて来たそうです。
緊張しているけれど、それでいて微妙に笑みがこぼれている、みんなの幸せそうな顔が印象的でした。

昼の2時頃になり、バントタイム前半が始まる頃から、おおかた満席になり、スタートの緊張した感じから、店内はグッと交流会らしい賑やかな雰囲気になって来ました。

教授(Pf)、津〇ちゃん(B)、〇トレッチさん(Dr)の演奏が始まると、夏もそうでしたが場内が静まり返ります。
完全なプロ演奏の高度なコンテンポラリージャズに、みんな聴き惚れて黙ってしまうんです。
このトリオ演奏は、音楽サークル「サウンドダック」の誇りです♪

スタッフBチームの板〇さんが、京都の職場を早退して、まるでサウナから出てきたみたいに汗びっしょりで、ベースを担いで駆け付けてくれました。
彼のサウンドダック愛には、本当に頭の下がる思いです(笑)

ずっとフォービートが続いてましたが、バンドタイム前半の部の最後に 、あ◯がなんとロコモーションを熱唱しました。
会場の空気はそこから変わり、一気に華やかに盛り上がりましたね♪



安達久美(ヤンクミ) / アイドルが “スコヘン”(スコット・ヘンダーソン) とは恐れ入りました。変態系がお好きなようですね。あっ、これは音楽の世界では褒め言葉です(笑)



5時過ぎくらいから店内はだんだん暗くなって来て、マラソン交流会は夜の部に入り、ジャズ系音楽のブラック&ブルーの雰囲気に満ちて来ました。
完全に満員となり、かなりの立ち見になっていましたが、狭いレフトアローンは、むしろ立ち見状態になる方が、周りの方々とワイワイと話しが弾み、より交流会らしくなるように思います。

マラソン交流会も夜たけなわ、ピークの時間帯となった頃、マキ◯◯が司会者として登場しました。
なかなか堂に入ったキュートな司会ぶりで、たくさんの男性ファンも、きっと喜ばれたことと思います(笑)

熱演が続いたせいか、フリータイムのセットリストが、時間を逆算したら追い付かなくなり、スタッフCチームの方々は気をもんだようで、いろいろご苦労をお掛けしましたm(_ _)m

ラスト曲の枯葉は10時50分から始まりましたが、お店との約束は11時終わりですので、間に合うかヒヤヒヤの心境でした。
きょ◯ちゃんのピアニカ、新人の大◯さんの女性ウッドベースで演奏された枯葉は、演奏者も、聴いてる方もその熱気に包まれ、なんとも感動的で、ラストを飾るに相応しい素晴らしい10分間でした♪


スライ・ストーン / ウッドストックはバリすごかった。“ファイヤ!” って掛け声の本家本元ですよね、アントニオ猪木さーん(笑)


朝の始まりの挨拶をしてから、丸12時間経って、夜の11時ちょうどに終了の挨拶を短くしました。
みんな高揚した気分まだ冷めやらぬという感じで、顔が紅潮してる感じでしたね。

帰り間際、レフトアローンのオーナー店長の〇〇さんと、どちらからともなく固い握手を交わし、長い秋の一日は終わりました(⌒-⌒ )

交流会について

6 スタジオでのジャズセッション


本格的なジャズ演奏を楽しみたい方は、ぜひスタジオセッションへ(^^♪


マジック・サム / そもそもファンク・ミュージックって何かって言ったら、ライトニン・ホプキンスとかジョン・リー・フッカーのことやからね、あれをファンキーって言うんですよ!


≪いつどこでやってますか?≫

全員がライブハウスに集まる“交流会”に加えて、 スタジオでのセッションも定期的に開催しています。
初心者練習会(SDBS)、大人の軽音セッション(SDLS)、京都セッション(京都人会)もありますが、ここではSDJSと呼ばれるジャズセッションを紹介しておきます。

開催場所は、関西全域の中心である“梅田”になります。
阪急梅田駅の茶屋町口より徒歩10分、地下鉄の中津駅より徒歩5分にある、スタジオ「To Do」で行っています。
(この地下のスタジオは、グランドピアノがあるんですよ)

参加人数は、スタジオのキャパから、だいたい約30名‐40名くらいの集まりになります。
参加費はスタジオ代を参加人数で割りますので、だいたい500円‐1000円程度だと思います。

今のところは、交流会と交流会の合間に、年4回、定期的に開催しています。
もう少し参加希望メンバーが増えましたら、もっと回数も増やして行く予定です。
(ただ今現在のスタジオセッションの登録人数は、約60名ほどです)


長谷川きよし / 日本のスティービー・ワンダー。何にも思わず、涙も流さず♪ あなたの残した、グラスを見つめて一人♪ 「別れのサンバ」 もう100回は聴いていますが、100回とも鳥肌が立ちました(笑)


≪どんなセッションですか?≫

交流会では、ジャズ、フュージョン、ファンク、ボサノバ、R&B、ブルース、ポップス等、さまざまなセッションが繰り広げられますが、SDJSは、スタンダードジャズが主になります。
(アコースティックなフォービートを、“純ジャズ”と呼んでますが、もちろんサークル内造語です‐笑)

このセッションは、お店のセッションのようにプロのホストはいません。
全てサウンドダックのメンバーだけの手作りでやっています。

「初心者でまだ一曲しかできないけど、セッションに参加してみたい!」 という向上心旺盛な方も大歓迎です。
サークルならではの“セッション練習会”と捉えてもらっていいと思います。
和気あいあいとした雰囲気ですので、初参加でも、緊張するのは最初の一曲だけだと思いますよ(笑)
良かったら、ぜひチャレンジしてみませんか?

演奏する曲は、 担当リーダーとメールでのやり取りの中で決まって行きますので、その曲を事前に練習する時間もあります。
組まれるセットリストは、比較的演奏しやすい曲が中心になると思いますので、あんまり深く難しく考ず、気楽な真剣さでどうぞ宜しくお願いいたします(^^♪

SDJSは、一般のお店のジャズセッションに比べて、かなり敷居は低いと思います。
そんなアットホームな雰囲気と、それでいて、常に音楽的な向上を目指しましょうという志との混交がコンセプトです。 

 


 
セッション後は、近くの居酒屋で親睦会を兼ねた軽い打ち上げもありますので、こちらもぜひご参加くださいね。(もちろん自由参加です)

スタジオ組の仲間の声を、メッセージの形で紹介します。

「反省会、検証会など呼び名はいろいろですが、その日の演奏について、居酒屋でワイワイと冗談を言いながら語り合います。
そんな会話の中から、自分にとって、音楽的にすごい発見をすることもあるんです。
これって、最高の勉強と思いませんか?
お店のセッションデーに行っても、この楽しさはないと思います。
これこそが、サークルのセッション練習会ならではのいいところですよね♪」


スティービー・レイボーン / ええ帽子やろ、もちろんユニクロやけど、家にある衣類ではもっとも高かったんや!


≪どうしたら参加できますか?≫

スタジオセッションは、あくまでもサウンドダックという音楽サークルの活動の一環です。
よって参加資格は、“交流会”にご参加されていることが前提になります。
ご興味のある方は、「スタジオセッションの登録をお願いします」 と明記してお便りをください。
まずは見学からという方も歓迎です。
(まずは実際にスタジオ内で、みんなの演奏を、見て、聴いて、感じるのが一番かも知れませんね)

ご登録された方には、開催日の約二、三週間ほど前に担当者から案内が届きます。
新しいジャズ仲間からのお便りを、スタジオ組一同、ワクワクしながらお待ちしています。

≪どんな曲をやってますか?≫

「まずはどんな曲を演るのか知りたい」 という方のために、実際によくやる曲をピックアップしてみました。
全般的には、比較的難易度の低い曲が中心になっています

セッションでは、世間で定番になっている楽譜集、「黒本」(ジャズ・スタンダード・バイブル)があると重宝します。
アマチュアジャズメンはほとんどの方が持っている本なので、「持ってないよ」 という方はぜひ買い求められることをお薦めします。

キーは、一般に標準とされているものを記しています。
たぶん合ってると思いますが、もしも間違いがあっても怒らないでくださいよ、念のために、青本なり、黒本なり、その手の本でご確認いただければ、こちらとしても何となく安心します(笑)
 
 
≪スタンダードジャズ&ジャズボッサ≫

・ Autumn Leaves (Gm)
・ Fly Me To The Moon (C)
・ The Days Of Wine And Roses (F)

・ Blue Bossa (Cm)
・ I'll Close My Eyes (F)
・ Bye Bye Black Bird (F)

・ Just Friends( F)
・ All the Things You Are (A♭)
・ There Will Never Be Another You (E♭)

・ Donna Lee (A♭)
・ Alone Together (Dm)
・ The Girl From Ipanema (F)

・ Oleo (B♭)
・ Comfirmation (F)
・ How High The Moon (G)
 
・ Four (E♭)
・ A Night In Tunisia (Dm)
・ There Is No Greater Love (B♭)

・ Stella By Starlight (B♭)
・ Recardo Bosssa Nova (Gm)
・ On Green Dolphin Street (E♭)

・ Beautiful Love (Dm)
・ Take The “A” Train (C)
・ Softly, As A Morning Sunrise (Cm)

≪ジャズブルース≫

・ Bag's Groove (F)
・ C Jam Blues (C)
・ Billie's Bounce (F)

・ Blue Monk (B♭)
・ Now's The Time (F)
・ Straight No Chaser (F)

・ Walkin' (F)
・ All Blues (G)
・ Tenor Madness (B♭)

・ Mr. P. C. (Cm)
・ Blues March (B♭)
・ Westcoast Blues (B♭)
    
≪その他いろいろな曲目≫

・ ll Of Me (C)
・ Night And Day (E♭)
・ Body And  Soul (D♭)

・ Wave (D)
・ Footprints (Cm)
・ Someday My Prince Willcome (B♭)

・ Groovin' High (E♭)
・ But Not For Me (E♭)
・ If Were The Bell (F)

・ Doxy (B♭)
・ So What (mode)
・ Georgia On My Mind (F) 
 
・ Satin Doll (C)
・ Whisper Not (Dm)
・ Yardbird suite (C)

・ Airgin (Fm)
・ Cherokee (B♭)
・ Over The Rainbou (E♭)

・ Milstones (mode)
・ Four On Six (Gm)
・ Maiden Voyage (mode)

・ Spain (D)
・ Corcovade (Am)
・ My Favorite Things (mode)

・ Sunny (Am)
・ Giant Steps (E♭)
・ I C'ant Get Started (C)
   
・ Interplay (Fm)
・ Au Privave (F)
・ Five Spot After Dark (Bm)

セッションについて
<< 前のページホーム全記事一覧次のページ >>

メンバーを募集 しています♪

◇サウンドダックは、音楽の世界に於ける仲間(友達)創りの場です。
もちろん、年齢はまったく不問です。
(ヤング・ミドル・シニア)
今現在2017年、いつでも “音楽仲間” を募集していますので、ぜひお気軽にご連絡ください(^^♪

(連絡先は、10番目の記事●「連絡室への連絡方法です」 に記しています)

紹介記事のタイトル

                                    

あひる組リンク

QRコードです

読み取って電車の中でも見てください(^^♪

QR

今現在、見てる人

現在の閲覧者数:

取り合えず見た人