★ ジャズ & フュージョン 音楽サークル 「サウンドダック」  大阪 / 京都 / 神戸 (関西)+東京 メンバー募集 (おやじ歓迎‐笑) ベーシスト急募 ☆

サウンドダックは、社会人の “音楽仲間の出会いと交友の場” です。 ジャズ、フュージョン、ファンク、R&B、ボサノバなどを好きな人が集まり、上手い下手にとらわれず、自分なりに音楽を楽しもうとできた、年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の音楽サークルです。

プロフィール

 連絡室 “あひる君”  (^^♪

Author: 連絡室 “あひる君” (^^♪
                           
◎ 音楽サークル 「サウンドダック」は、“仲間を創って音楽を楽しもう!” を合言葉にして、関西で活動する年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の集いです。

◎ 交流会で気の合う仲間を創り、別の楽器の人と知り合い、世代と立場を超えて交友を広げ、自分の音楽をもっと楽しくしようというコンセプトで集まりました (^^♪

◎ 2009年7月には、雑誌 「週刊ポスト」から取材を受け、写真と共に紹介文が掲載されました。(今現在は2017年)

◇ このブログは、一番上のタイトル欄に並べてある言葉が、一行の間にちょうど収まる大きさの画面設定が “標準” です。

カテゴリー

必見! FC2 ジャズ・ブログ

◆ 日本中のジャズ・フリークが登場して、けっこう面白いです。
いろんな人がいるもんですねー。

この中から 「サウンドダック」 を探して、
クリックしてください。栄冠の “第一位” に、ぜひご協力をお願いいたします(笑)
                   

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

4 セッションタイムについて

 

“セッション” にご興味のある方は、参考までに軽く読んでおいて下さいね (^^♪




塩次伸二(左)&山岸潤史(右) / 真夏の万博公園の8・8ロックデイ、永井ホトケが、「俺らはやっぱり関西で頑張りたい!」あの時はみんな泣いたよねぇ。でも僕はすぐに東京へ行きました、堪忍やで~




≪セッションタイムの捉え方≫

 


サウンドダックは、“社会人の音楽仲間の出会いと交友の場”です。
ご自分なりに、何らかの意義や楽しみを見つけていただけたら幸いです。
そのひとつに、交流会の “セッションタイム” があると思います。

(注・7番目の記事に記しています、「スタジオセッション」 とは全く別です)

少しでもセッションの経験のある方は(アンサンブルに慣れている方は)、ぜひ積極的に進んで出てくださいね♪

(ボサノバ弾き語り、ソロピ、アコギソロなど、単独で演奏をされる方は、“一人芸タイム”に、ご遠慮なく、自分からどんどん前に出てください)


今まで、まったくセッションを経験したことがない場合、前に出て、いきなり見知らぬ人と合わせるのは、正直なかなか難しいとは思います…。
まずは雰囲気に馴れ、気ごころの知れた仲間を創り、お互いのレベルを確認し合い、そこから始められては如何でしょうか。
(初めての方々は、事前にスタジオに集まり、練習したりしているみたいですね)

もちろん、度胸一発、初めてのセッションがサウンドダックの交流会だった、という方もたくさんいますが(笑)


セッションは大まかなタイムの区分けがありますので、それに合わせてジャズ、フュージョン系を、フリータイムでは、ファンク、ポップス、R&B、ブルース、昭和歌謡曲(笑)などなど、何でも好きなものを演ってください。

成り行き飛び入りで、演奏に出ているのは、だいたい約半数弱の方々でしょうか
 

 


 

以前は、事前エントリー制にしたこともあるんですが、いざ事前エントリー制にしてみると、皆、妙に萎縮して遠慮がちになり、あまり演奏に出なかった経緯があります。
事前エントリー制にしてしまうと、音楽教室の発表会みたいなしゃちこ張った感じになってしまうんです。
結局、成り行き飛び入りの方が、ノビノビとして盛り上がるんですよね。

司会進行の担当者にとって難しいのは、演奏に出るように声をかけても、本当にイヤがっているのか、単に謙遜してるのか、なかなか分からないことですね(笑)

また、せっかく楽器を持って来られていたり、ヴォーカルの方で楽譜を持って来られてても、前に出るタイミングがつかめずに、演奏に出そびれてしまう方がいます。
主催側も申し訳なくて、後で悶々とします。

自由な感覚でノビノビとやりながらも、さらにこういった事をなくすことは重要な課題だと思います。
そこで、セッションタイムについて、簡単に確認しておきますのでご一読ください。




矢野沙織 / そやけどなんで今どき、チャーリー・パーカーなんかよう分からん。あっ、そうそう、言い忘れてた、ご結婚おめでとう!




≪大原則はオープンステージの感覚≫


セッション・タイムの大原則は、上記のように事前のエントリー制ではなく、あくまで、自由にノビノビとステージが使える 「オープンステージ」 の感覚です。

(簡単に言えば、成り行き飛び入りのハチャメチャ・セッションですー笑)

自分からどんどん積極的に進んで出るのを原則とし、自分で曲を提案し、他の楽器の方を募って下さい。

音楽教室の発表会のように、誰かが自分の場をお膳立てしてくれる訳ではないので、ぜひ自分から思い切って積極的に行きましょう。
自分から前に出ることに、遠慮はまったく不要です。


エントリー用紙とちょっとニュアンスが違うんですが、当日に、“リクエスト用紙”を配ります
「この曲を、皆で一緒に演りましょうよー」 と、提案をするのが趣旨です
ここに皆で演奏したい曲、自分が歌いたい曲を書いて、各タイムの司会者に渡してください
基本はその用紙の曲を元に、司会者が時間配分をしながら進めて行きます


問題は最初です、最初の一回目にちょっと “勇気” がいるんですが、一回出れば、次の垣根はずっと低くなり、その次はもっと低くなり、最後はやみつきです(笑)
(音楽をする上での一番重要な才能は、もしかしたら、“厚かましさ” かも知れませんね、たぶんそうだと思いますー笑)
 

    


 

◇ 上手い下手に関係なく、次々と “リクエスト用紙” を出し、どんどん前に出て賑やかに演っていただけるのが理想です。
他の楽器の人を自分で募るか、司会者に言って募ってもらうかしてください。  
とにかく基本は、自主的に進んで自ら出ていただくことです
その心構えは、他の上手い人と自分を絶対に比べないように! 耳に栓をするか、目をつむるか、酔ったふりをするか(笑)


◇ 司会者が状況を見ながら、即興で個人名に呼びかけます。
この場合は待っておられる方に、必ず声をかけれるかは難しいかも知れません。
要するに、それぞれの真意は分からないんです。
そこで、いきなり名前を呼ぶ時があります。
ドキッとするかも知れませんが、驚かないでくださいね、参加者一覧表を見て、単に無差別に呼んでいるだけですから(笑)


◇ 司会者が、「ひよこタイム」 に、定番曲を提案するのでそれに合わせて出てください。
もちろん、自ら “リクエスト用紙” を出してくれるのが一番いいんです!
この場合は誰でも知っている、簡単な分かりやすい曲がいいですね。
ひよこさーん、リクエスト用紙をお待ちしていますよ♪ 


◇ 各楽器の方は、一曲を演奏したら、同じ楽器の方に声をかけて次の方に回すようにしてください。
演奏が終わったら、次の方に呼びかけるのは、ひとつのルールにしましょう。
その後、機会を見つけてまたもう一度出るのは自由ですので、ぜひ出てくださいね。


◇ ヴォーカルタイムは、まずバッキングのメンバーを集める必要があります。
各楽器がうまく集まるかでいつもヒヤヒヤします。
主催側は、実はこんなところで人知れず苦しんでいるんです(笑)
ちょっと上手い系の方々は、ヴォーカルタイムになったら、ぜひ進んで前に出て歌伴を宜しくお願いいたします。
(初見になるので、そこら辺りが最大のハードルにはなりますが)


        特に “ピアノ” で歌の伴奏ができる方は、どうぞ宜しくお願いします。

  
ヴォーカルの方は、できるだけ見やすい楽譜を、4、5枚ほど、忘れないように。
そして、「この歌を歌います、歌伴、宜しくお願いしますー」 と、ぜひ堂々とアピールして下さいね、あひる組のセッションで遠慮してたら損ですよ♪


◆ 各タイムは時間を区切っていますので、リクエスト用紙を出していても、タイムオーバーになって順番が廻って来なかった場合は、本当に申し訳ありません。
こればっかりは、どうしようもないんでお許しください。

またもう一度 “フリータイム” にリクエスト用紙を出していただければ、機会は作れるかも知れませんので、どうぞ宜しくお願いします。
 

    


 

◎ 「ひよこタイム」 のホストバンド募集!


サックス、 トランペット、 クラリネット、 ギターなどのフロント楽器を、バッキングでサポートしていただける、ボランティア精神の旺盛な方を募集しています。
要するに、ひよこタイムのホストバンドをお願いしたいんです。

ピアノ、ベース、ドラム、ギターで、そこそこバッキングができて、心優しい方は、連絡係りのMか、司会者に申し出てくださいね。

 

 

 


ヴェンチャーズ(初来日) / 好き嫌いは別にして、やっぱジャイアンツであるのは間違いないよね。でも改めてじっくりと聴いてみたら、なんか恥ずかしい気分になりました~(爆)




≪自分なりに楽しみましょう≫


こんな感じですが、後はハチャメチャの成り行き飛び入りです。

サウンドダック・セッションの最大のテーマは、上手い下手に捉われず、まずは人前で演ることと、自分なりに楽しむことです。


まぁ、いずれにしても遊びですから、“軽い雰囲気のノリ” をみんなで創っていただき、
とにかく楽しくやりましょう (^^♪



 

セッションについて

5 サウンドダック共通レパートリー

 

共通レパートリーの由来と意味について (^^♪




ジェイク・シマブクロ(左)&小沼ようすけ(右) / なぁ、ジェイク、ウクレレはよう分かったから、ギターを弾いてみろよっ、ギターを!(と思いませんか?)


  


≪皆とセッションできる曲が欲しい≫


サウンドダックができた当初、「皆、いったいどんな曲を練習しているのですか?」 という問い合わせが大変多くありました。

ひとりで練習ばかりしていると、いったい他の人がどんな練習をしているのか、あるいはどんな曲をしているのか、不安になる気持ちはよく分かります(笑)

この曲を練習してても、もしかしたら自分だけで、他の人と合わせられないのではないだろうか、とふっと思った瞬間、やる気をなくしてしまうのかも知れませんね。


そこで、少なくともこの曲をやってると、皆とセッションできる(上手い下手は別にして)、という最低限の共通のレパートリーを決める必要が生まれたんです。


≪定番のスタンダードだけ≫


共通レパートリーはあくまでも、上記の意味合いで選定されたものですから、スタンダードの中からさらに定番の基本的なものだけチョイスしてます。

当たり前ですが、これだけにこだわる必要はまったくなく、交流会などでも個人の趣味趣向で、曲は自由に選定してくださいねー


(因みに連絡係のMは、聴くのはもっぱら、真っ黒けのファンク、フュージョン、R&Bなどで、
いわゆるスタンダード・ジャズは、あまり聴かないです。
しかし、上記のようなお便りをいただいている内に、ジャズ系のサークルとして、“誰もが知っているスタンダード” で、共通のレパートリーを設定する必要性を、自然な流れとして感じた次第です。
では、部屋で最もよく聴いているミュージシャンは誰か、という質問ですか?
実は、アース・ウインド・ファイヤーと、モーツァルト様なんですよー爆)


 


 

 
共通レパートリーは少しずつ変わって行きます。
当然、人気のある曲は定番の中からさらにサークル内定番になりますし、誰も演奏しない人気のない曲は、当然消えてなくなります。

PS-なおヴォーカルの共通レパートリーについては、各々のキーの問題がありますので決めていません。
ピアノ、管楽器が伴奏に入る場合、せっかく同じ曲を練習してても、ボーカリストの指定で半音変わってしまえば、初心者にとってはまったく別の曲と同じことですからね。




安達久美 (ヤンクミ) / イシバシ楽器のデモンストレーションで、手の平と手の平を合わせて、指の長さを比べ合ったんです。(ああ、うっとり♪)






サウンドダックの共通レパートリー&譜面です。 
   


≪共通の参考譜面≫


今までは、中央アート出版社の 「スタンダードジャズ・ハンドブック」 伊藤伸吾 編 (通称ー青本) がごく一般的でした。

しかし、2011年頃から、リットーミュージックの 「ジャズ・スタンダード・バイブル」 納 浩一 編 (通称ー黒本) がすごい勢いで広まっています。
長い間の定番譜面だった青本から、おそらく主流は黒本に移行していくのではないかと思われます。

(黒本は曲数が227曲で多く、1ページに1曲のレイアウトで見やすい。コードも青本より細分化されていますし、ニュアンスもより秀逸と評判です。さらにB♭、E♭の管楽器用の版もあり、おまけにマイナスワンの練習曲が20曲もCDで付いている、これじゃあ、青本は負けちゃいますよねー笑)

と言うことで、当音楽サークルとしては、「ジャズ・スタンダード・バイブル」 の黒本をお薦めします。

参考資料として、リットーミュージックの 「初めてのジャズ・セッションで困らないための必修スタンダード50曲」 の1と2。 (2巻ありますので計100曲) 富塚章 著  


 


  
 
キーは、一般に標準とされているものを記しています。


    
    Jazz



・   Autumn Leaves   (Gm)
・   Fly Me To The Moon   (C)
・   All Of Me   (C)

・   The Day Of Wine And Roses   (F)
・   Satin Doll   (C)
・   I'll Close My Eyes   (F)

・   On Green Dolphin Street   (E♭)
・   Just Friends   (F)
・   Take The “A” Train   (C)

・   Softly, As A Morning Sunrise   (Cm)
・   Georgia On My Mind   (F)
・   Night And Day   (E♭)

・   Doxy   (B♭)
・   There Will Never Be Another You   (E♭)
・   St. Thomas   (C)

・   But Not For Me   (E♭)
・   Bye Bye Black Bird   (F)
・   Someday My Prince Will Come   (B♭)

・   I Can't Get Started   (C)
・   Ther Is No Greater Love   (B♭)
・   Sunny   (Am)

・   Watermelon Man   (F)
・   Cantalope Island   (Fm)
・   The Chiken   (B♭)


    Bossa Nova

  
・   The Girl From Ipanema   (F)
・   Wave   (C)
・   Blue Bossa   (Cm)

・   Corcovado   (Am)
・   Black Orpheus   (Gm)
・   Summer Samba   (F)

・   One Noto Samba   (G)
・   Jazz “N” Samba   (C)
・   The Shadow Of Your Smile   (Em)


     Jazz Blues


・   Now's The Time   (F)
・   Bag's Groove   (F)
・   Straight No Chaser   (F)

・   Blue Monk   (B♭)
・   Tenor Madness   (B♭)
・   Billie's Bounce   (F)
   
   (その他にもキーE♭、F、 B♭のジャズ・ブルース多数)


    Blues

 
・   “テーマなし” の8ビート or シャッフル・ブルース   (A、G、E)


    Funk


・   ワンコードの “E一発” を、ファンキーリズムで延々と(笑)




ローリング・ストーンズ / キースの唇と比べるとミックの “たらこ度” がよく分かります(笑)
  

 

 


セッションについて

6 交流会のプログラム (実物)

 
交流会のプログラムの実物です (^^♪


下記のような文章の用紙を配り、即席の司会者と共に、“皆でワイワイ” と進行させました。

説明文を読んでても、なかなか実感が湧かないかも知れませんね。
ひとつの例として、2008年の秋冬の交流会のプログラムの “実物” をそのままコピー&ペーストで掲載しますので、ご参考にしてください。

(当然、毎回少しずつ違いますが、あくまでもひとつの例として)




塩次伸二 / そう言えばあの頃、吉本興業の漫才師から音楽に転向した、“北京一” ってのがおったなぁ、誰か消息を知ってたら教えてください。「男でっせ、カルーセル麻紀!」というギャグでした(笑)




           ― ≪交流会の大まかな進行プログラム≫ ―


◇ サウンドダックは、「社会人の音楽仲間の出会いと交友の場」 です。
周りの方 にドンドンと話しかけて下さい、“遠慮はまったく不要” です(笑)

◇ 司会者と共に “皆さん全員” で、ワイワイと言いながら進行させて下さい。

◇ セッションタイムは、自由に前で演奏できる、上手い下手なしの “オープンステージ”です。
自分から進んで前に出て、曲を決め、他の楽器の方を募って下さい。

◇ 各パートで、「一人一曲演奏」 したら、必ず他の方に声を掛け、いったん代わるようにしましょう。
いったん代わった後、また自由に出て下さい。


(座席をステージに向かって “皆が一同に会せれるよう” に並び替え、照明を少し落とし、バックの音楽を少し大きくするセッティングに、ご協力をお願いします)



1.
<6時30分から自己紹介>

とにかく皆が「名前」 を覚えるように、ご自身でも大きな声で名前を言って下さい。
楽器と、簡単なプロフィール、好きな音楽など “何か一言” 約20秒ほど。
(オープニングで演奏される方は、前に出て準備に入って下さい)


2.
<個人スピーチタイム>

バンドメンバー募集、練習仲間募集、ライブ&イヴェントの宣伝等など。
マイクで自由に喋って下さい。チラシ類はこのタイムで配って下さい。


3. <セションタイムのオープニング・ギグ>

最初は緊張しますので、“それを打ち破る度胸” のある方(笑)
スタンダードジャズを五曲演ってください。
曲目は、その場で相談し、自由に決めて下さい。
(一曲を演奏したら、メンバーは入れ替わりましょう)


4. <ヴォーカルタイム>

まず、バッキングのメンバーを募ります。
特に 「歌伴ピアノ」 のできる方は、どうぞ宜しくお願いします。
ヴォーカルの方は、譜面を配り、好きな曲を歌って下さい。
(ただし、曲、キーにより、バックのメンバーができるか? の兼ね合いがありますので、その場で打ち合わせして下さい)


5. <一人芸タイム>- 

ボサノバ弾き語り、アコギのソロ演奏、ピアノ・エレクトーンの独演、ピアノの弾き語り、クラシックギター独演、デュオ演奏などなど。




スライ・ストーン / ウッドストックはバリすごかった。“ファイヤ!” って掛け声の本家本元ですよね、アントニオ猪木さーん(笑)



                     
6. <ひよこタイム> 

曲目・ジャンルは基本的に自由ですが、できたらジャズ&ボサノバを演りましょう。
コンセプトは、ひよこの 「公開練習」 です。

演奏者が緊張しないよう、他の人は “あえて話に夢中になり”、あんまり真剣に聴かないようにしてください(笑)
実は “ひよこではない方” も進んで出て、ぜひ全体をサポートして下さいね。
(曲が決まらない時は、枯葉、フライミー、オールオブミー、イパネマなどなど、サウンドダック課題曲にある定番曲からか、あるいはジャズブルース)
    
初めに誰かがずっこけて、“笑い” を取ってくれれば、後の人がずっと楽になれるのですが~(爆)
 

7. <9時を目安に楽器別の席替え>

遅れて来た方の 「自己紹介」 をしながら、楽器別の席替え。
(ひよこタイムの途中でも、「9時」 になれば席替えしましょう)

ステージを見た状態で、左側から、ピアノ、管楽器、ヴォーカル、ドラム、ギター&ベースに、大まかに分かれて座り直します。
各楽器の方が、それぞれ声をかけ合いながら移動して下さい。
“同じ楽器の者同士” で、より親睦を深めましょう。
(別の楽器の席に座るのは、もちろんまったく自由です)


8. <フリー・セッションタイム>
 
好きな曲、好きなジャンルを、上手い下手なしでハチャメチャにやりましょう(笑)
すべてが自由なフリータイムです。
遅れて来て各タイムに出れなかった、ヴォーカルと一人芸の方は、このタイムに出てください。
そしてもちろん、ファンク、ロック、ブルース、ポップスの方々の出番です。


9. <11時前ごろからラストの曲>
 
多くの方が、演奏参加できるブルース、ジャズブルースで締め括り。
次回の再会を期して自然散会です。
次の交流会でまたお会いしましょう!



◎あくまでも大まかな進行予定です、後は “臨機応変の自然な成り行き” でやりましょう。

◎もし座席が満席の時は、男性諸君が立ち、女性に席を勧めて下さい。

 
(※お店が散らからないように、この用紙は必ず持って帰って下さい)






安達久美(ヤンクミ) / アイドルが “スコヘン”(スコット・ヘンダーソン) とは恐れ入りました。変態系がお好きなようですね。あっ、これは音楽の世界では褒め言葉です(笑)




交流会について
<< 前のページホーム全記事一覧次のページ >>

メンバーを募集 しています♪

◆ サウンドダックは、音楽の世界に於ける仲間(友達)創りの場です。
もちろん、年齢はまったく不問です。
(ヤング・ミドル・シニア)
今現在2017年、いつでも “音楽仲間” を募集していますので、ぜひお気軽にご連絡ください (^^♪

(連絡先は、13番目の記事 「連絡室への連絡方法です」 に記しています)

紹介記事のタイトル

                                    

あひる組 リンク

QRコードです

読み取って電車の中でも見てください(^^♪

QR

今現在、見てる人

現在の閲覧者数:

取り合えず見た人