★ ジャズ & フュージョン 音楽サークル 「サウンドダック」  大阪 / 京都 / 神戸 (関西)+東京 メンバー募集 (おやじ歓迎‐笑) ベーシスト急募 ☆

サウンドダックは、社会人の “音楽仲間の出会いと交友の場” です。 ジャズ、フュージョン、ファンク、R&B、ボサノバなどを好きな人が集まり、上手い下手にとらわれず、自分なりに音楽を楽しもうとできた、年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の音楽サークルです。

プロフィール

 連絡室 “あひる君”  (^^♪

Author: 連絡室 “あひる君” (^^♪
                           
◎ 音楽サークル 「サウンドダック」は、“仲間を創って音楽を楽しもう!” を合言葉にして、関西で活動する年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の集いです。

◎ 交流会で気の合う仲間を創り、別の楽器の人と知り合い、世代と立場を超えて交友を広げ、自分の音楽をもっと楽しくしようというコンセプトで集まりました (^^♪

◎ 2009年7月には、雑誌 「週刊ポスト」から取材を受け、写真と共に紹介文が掲載されました。(今現在は2017年)

◇ このブログは、一番上のタイトル欄に並べてある言葉が、一行の間にちょうど収まる大きさの画面設定が “標準” です。

カテゴリー

必見! FC2 ジャズ・ブログ

◆ 日本中のジャズ・フリークが登場して、けっこう面白いです。
いろんな人がいるもんですねー。

この中から 「サウンドダック」 を探して、
クリックしてください。栄冠の “第一位” に、ぜひご協力をお願いいたします(笑)
                   

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

5 サウンドダック共通レパートリー

 

共通レパートリーの由来と意味について (^^♪




ジェイク・シマブクロ(左)&小沼ようすけ(右) / なぁ、ジェイク、ウクレレはよう分かったから、ギターを弾いてみろよっ、ギターを!(と思いませんか?)


  


≪皆とセッションできる曲が欲しい≫


サウンドダックができた当初、「皆、いったいどんな曲を練習しているのですか?」 という問い合わせが大変多くありました。

ひとりで練習ばかりしていると、いったい他の人がどんな練習をしているのか、あるいはどんな曲をしているのか、不安になる気持ちはよく分かります(笑)

この曲を練習してても、もしかしたら自分だけで、他の人と合わせられないのではないだろうか、とふっと思った瞬間、やる気をなくしてしまうのかも知れませんね。


そこで、少なくともこの曲をやってると、皆とセッションできる(上手い下手は別にして)、という最低限の共通のレパートリーを決める必要が生まれたんです。


≪定番のスタンダードだけ≫


共通レパートリーはあくまでも、上記の意味合いで選定されたものですから、スタンダードの中からさらに定番の基本的なものだけチョイスしてます。

当たり前ですが、これだけにこだわる必要はまったくなく、交流会などでも個人の趣味趣向で、曲は自由に選定してくださいねー


(因みに連絡係のMは、聴くのはもっぱら、真っ黒けのファンク、フュージョン、R&Bなどで、
いわゆるスタンダード・ジャズは、あまり聴かないです。
しかし、上記のようなお便りをいただいている内に、ジャズ系のサークルとして、“誰もが知っているスタンダード” で、共通のレパートリーを設定する必要性を、自然な流れとして感じた次第です。
では、部屋で最もよく聴いているミュージシャンは誰か、という質問ですか?
実は、アース・ウインド・ファイヤーと、モーツァルト様なんですよー爆)


 


 

 
共通レパートリーは少しずつ変わって行きます。
当然、人気のある曲は定番の中からさらにサークル内定番になりますし、誰も演奏しない人気のない曲は、当然消えてなくなります。

PS-なおヴォーカルの共通レパートリーについては、各々のキーの問題がありますので決めていません。
ピアノ、管楽器が伴奏に入る場合、せっかく同じ曲を練習してても、ボーカリストの指定で半音変わってしまえば、初心者にとってはまったく別の曲と同じことですからね。




安達久美 (ヤンクミ) / イシバシ楽器のデモンストレーションで、手の平と手の平を合わせて、指の長さを比べ合ったんです。(ああ、うっとり♪)






サウンドダックの共通レパートリー&譜面です。 
   


≪共通の参考譜面≫


今までは、中央アート出版社の 「スタンダードジャズ・ハンドブック」 伊藤伸吾 編 (通称ー青本) がごく一般的でした。

しかし、2011年頃から、リットーミュージックの 「ジャズ・スタンダード・バイブル」 納 浩一 編 (通称ー黒本) がすごい勢いで広まっています。
長い間の定番譜面だった青本から、おそらく主流は黒本に移行していくのではないかと思われます。

(黒本は曲数が227曲で多く、1ページに1曲のレイアウトで見やすい。コードも青本より細分化されていますし、ニュアンスもより秀逸と評判です。さらにB♭、E♭の管楽器用の版もあり、おまけにマイナスワンの練習曲が20曲もCDで付いている、これじゃあ、青本は負けちゃいますよねー笑)

と言うことで、当音楽サークルとしては、「ジャズ・スタンダード・バイブル」 の黒本をお薦めします。

参考資料として、リットーミュージックの 「初めてのジャズ・セッションで困らないための必修スタンダード50曲」 の1と2。 (2巻ありますので計100曲) 富塚章 著  


 


  
 
キーは、一般に標準とされているものを記しています。


    
    Jazz



・   Autumn Leaves   (Gm)
・   Fly Me To The Moon   (C)
・   All Of Me   (C)

・   The Day Of Wine And Roses   (F)
・   Satin Doll   (C)
・   I'll Close My Eyes   (F)

・   On Green Dolphin Street   (E♭)
・   Just Friends   (F)
・   Take The “A” Train   (C)

・   Softly, As A Morning Sunrise   (Cm)
・   Georgia On My Mind   (F)
・   Night And Day   (E♭)

・   Doxy   (B♭)
・   There Will Never Be Another You   (E♭)
・   St. Thomas   (C)

・   But Not For Me   (E♭)
・   Bye Bye Black Bird   (F)
・   Someday My Prince Will Come   (B♭)

・   I Can't Get Started   (C)
・   Ther Is No Greater Love   (B♭)
・   Sunny   (Am)

・   Watermelon Man   (F)
・   Cantalope Island   (Fm)
・   The Chiken   (B♭)


    Bossa Nova

  
・   The Girl From Ipanema   (F)
・   Wave   (C)
・   Blue Bossa   (Cm)

・   Corcovado   (Am)
・   Black Orpheus   (Gm)
・   Summer Samba   (F)

・   One Noto Samba   (G)
・   Jazz “N” Samba   (C)
・   The Shadow Of Your Smile   (Em)


     Jazz Blues


・   Now's The Time   (F)
・   Bag's Groove   (F)
・   Straight No Chaser   (F)

・   Blue Monk   (B♭)
・   Tenor Madness   (B♭)
・   Billie's Bounce   (F)
   
   (その他にもキーE♭、F、 B♭のジャズ・ブルース多数)


    Blues

 
・   “テーマなし” の8ビート or シャッフル・ブルース   (A、G、E)


    Funk


・   ワンコードの “E一発” を、ファンキーリズムで延々と(笑)




ローリング・ストーンズ / キースの唇と比べるとミックの “たらこ度” がよく分かります(笑)
  

 

 


セッションについて

メンバーを募集 しています♪

◆ サウンドダックは、音楽の世界に於ける仲間(友達)創りの場です。
もちろん、年齢はまったく不問です。
(ヤング・ミドル・シニア)
今現在2017年、いつでも “音楽仲間” を募集していますので、ぜひお気軽にご連絡ください (^^♪

(連絡先は、13番目の記事 「連絡室への連絡方法です」 に記しています)

紹介記事のタイトル

                                    

あひる組 リンク

QRコードです

読み取って電車の中でも見てください(^^♪

QR

今現在、見てる人

現在の閲覧者数:

取り合えず見た人