★ 社会人音楽サークル 「サウンドダック」  大阪 / 京都 / 神戸 (関西)+東京 メンバー募集 (おやじ歓迎‐笑) ベーシスト急募 ☆

サウンドダックは、社会人の “音楽仲間の出会いと交友の場” です。 ジャズ、フュージョン、ファンク、R&B、ボサノバ、ポップス等を好きな人が集まり、上手い下手にとらわれず、自分なりに音楽を楽しもうとできた、年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の音楽サークルです。

プロフィール

連絡室 “あひる君” (^^♪

Author:連絡室 “あひる君” (^^♪
                           
◇音楽サークル「サウンドダック」は、“仲間を創って音楽を楽しもう!”を合言葉にして、関西で活動する年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の集いです。

◇交流会で気の合う仲間を創り、別の楽器の人と知り合い、世代と立場を超えて交友を広げ、自分の音楽をもっと楽しくしようというコンセプトで集まりました (^^♪

◇2009年7月には、雑誌「週刊ポスト」から取材を受け、写真と共に紹介文が掲載されました。(今現在は2017年)

カテゴリー

必見!FC2 ジャズ・ブログ

◆ 日本中のジャズ・フリークが登場して、けっこう面白いです。
いろんな人がいるもんですねー。

この中から 「サウンドダック」 を探して、
クリックしてください。栄冠の “第一位” に、ぜひご協力をお願いいたします(笑)
                   

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

11 付録(写真に挿入されている迷文句-笑)


写真に挿入されている迷文句です(^^♪


パソコンで写真にカーソルを当てると、約6秒間、短い言葉が出るのですが、残念ながらスマホでは見れません。
また、パソコンでもOSのバージョンによっては見れませんので、ここに箇条書きで紹介しときますね。
思わず笑っていただければ、本当に幸いです♪

短いコメントが、ほんの数秒だけ浮かび出るから、つい笑ってしまうところもあるのですが(笑)


ジミ・ヘンドリックス / 享年27才、今でも時々悲しくなります。でも、おじいちゃんのジミヘンを見る方がもっと悲しかったかも~


記事1 チェット・ベイカー
何かが始まる予感、すべては一通のメールから♪

記事1 ソニー・ロリンズ
今はおやじミュージシャン。若かりし頃は“モヒカン刈り”にして、世間をあっと笑わせました(笑)

記事1 マイルス・デイヴィス
語録「ジャズとロック、俺が本気になれば、世界一のロックバンドだって創れるんだ」(たこ焼きといか焼き、どっちも好きやなぁ、そやけど阪神デパート名物のんはアカンよ、あそこのん半分焦げてるもん)

記事1 グラント・グリーン
「ジャズはできんけど、ブルースならできるでっ」 …ところで吉田さん、そのセリフ、もう25年言うてるやん(笑)

記事1 小野リサ
ボサノヴァの揺れる感じが好き♪(サウンドダックNO.1の酒豪○○子さんの酔った時の口癖です。もちろんその後は意味不明に~笑)
  
 
記事2 渡辺貞夫
日本人のバークリー留学第一号(62年)。 そして 古典的名著「ジャズ・スタディ」執筆、ここから日本のジャズは始まりました。

記事2 レス・ポール
80才を過ぎてもステージに立ってましたよ、中野さんも頑張ろうよ、だってまだアラ還でしょ♪
  
 
記事3 上原ひろみ
何やかや言うても、今一番の売れっ子やね♪ しっかし、いきなり立ち上がって弾くからびっくりするよね(笑)

記事3 ジョアン・ジルベルト
奇人変人度でギネスブックに載ってるのは知ってましたが、大阪公演の45分フリーズにはたまげました。

(ステージで、本当に45分間、ギターを抱えたままピクリとも動かなくなったんです→で、僕は隣の席の人に、「脳梗塞かも知れませんよ、救急車呼びましょうか!」→後で知りましたが、感動のあまり泣いて動けなくなったそうです)

記事3 マイルス・デイヴィス
モダンジャズの帝王、僕は“夜の帝王”と言われましたけど(笑)

記事3 マイケル・ジャクソン
飼ってたお猿の名前は何でしたっけ?
  
 
記事4 塩次伸二
そう言えばあの頃、吉本興業の漫才師から音楽に転向した、“北京一”ってのがおったなぁ、誰か消息を知ってたら教えてください。「男でっせ、カルーセル麻紀!」というのが持ちギャグでした(笑)

記事4 ビル・エバンス
あなたは、いつでも僕にとって特別な人でした、もちろん今も、そしてこれからも♪(二枚目とお笑いが天然で同居している、長嶋茂雄さんも特別な人でした‐笑)

記事4 ウエス・モンゴメリー
この人は、巨人というより怪物ですね、のほほんとした顔に薄ら笑いを浮かべながら、ジャズ史上に輝くもの凄いことをやってるんだから(笑)
  
 
記事5 安達久美
アイドルが“スコヘン”(スコット・ヘンダーソン) とは恐れ入りました。変態がお好きなようですね。あっ、これは音楽の世界では褒め言葉です(笑)

記事5 スライ・ストーン
ウッドストックはほんとすごかった。“ファイヤ!” (ハイヤー)って掛け声の本家本元ですよね、アントニオ猪木さーん!
  
 
記事6 マジック・サム
そもそもファンク・ミュージックって何かって言ったら、ライトニン・ホプキンスとかジョン・リー・フッカーのことやからね、あれをファンキーって言うんですよ!

記事6 長谷川きよし
日本のスティービー・ワンダー。何にも思わず、涙も流さず♪ あなたの残した、グラスを見つめて一人♪ 「別れのサンバ」 もう100回は聴いていますが、100回とも鳥肌が立ちました。

記事6 スティービー・レイボーン
ええ帽子やろ、もちろんユニクロやけど、家にある衣類ではもっとも高かったんや!(ユニばれって恥ずかしいよね‐笑)
  
 
記事7 マイルス・デイヴィス
語録 「一度やったことをまたやって、いったい何の意味があるんだ」(ほんと飽き性なんだから-笑)

記事7 カエターノ・ヴェローゾ
“世界一甘い声”とのキャッチフレーズは本当ですね。(甘くて渋い、そうそう、おはぎとバーボンは意外と合いましたよ‐笑)

記事7 ロベン・フォード
コンテンポラリー・ブルース王子。(いつか王子様が♪今夜も女子会で盛り上がっている皆さん、きっと来るよ、あきらめないで~)

記事7 タル・ファーロウ
あだ名は “オクトパス”(タコのように大きな手)。高速フレーズの秘密は蛸。三ノ宮の森井本店で、たこ酢を三回続けて注文したことあります(笑)
  
 
記事8 マイルス・デイヴィス
語録 「俺はずっとギターを探してるんだ、ジミ・ヘンドリックスのようなギターを弾く奴を」(そやけど、歯でギターを弾く奴はなかなかおらんでしょ-笑)

記事8 ジョアン・ジルベルト
壁がタイルだから音が良く聴こえるという理由で、一日に12時間も“風呂場”にこもってギターを聴いてる奇人変人さんです♪ 

記事8 あひる君
真面目そうな顔して、けっこう夜遊びしてるそうやな、あんた、サウンドダックのイメージキャラクターやろ、こら~

記事8 スティービィー・レイボーン
80年代にオーソドックスなブルースで世に出たのは奇跡的でした。(上手いこと時代の隙間に入り込んだ、なかなかの商売人とも言えますが-笑)

記事8 南沙織
誰もいない海♪二人の愛を確かめたくって♪(中学生の頃、好きで好きで胸が苦しく、ご飯を食べられなかったんですよ-笑)
  
 
記事9 マイケル・ジャクソン(二回目の登場)
ネバーランドと呼ぶ自宅で、いつも木に登っていたそうです。彼は永遠の “少年” なんです。(僕だってUSJに三回も行きましたよ、ジェットコースターは100万円積まれても乗れませんが‐笑)
  
 
記事10 小野リサ
ちょっとの勇気かなぁ♪

記事10 小沼ようすけ
一歩前へのきっかけ創り♪
  
 
記事11(このページ) ジミ・ヘンドリックス
おじいちゃんのジミヘンを見るのと、おばあちゃんのマリリン・モンローを見るのと、どっちが辛いやろ?

付録(写真の迷文句)

メンバーを募集 しています♪

◇サウンドダックは、音楽の世界に於ける仲間(友達)創りの場です。
もちろん、年齢はまったく不問です。
(ヤング・ミドル・シニア)
今現在2017年、いつでも “音楽仲間” を募集していますので、ぜひお気軽にご連絡ください(^^♪

(連絡先は、10番目の記事●「連絡室への連絡方法です」 に記しています)

紹介記事のタイトル

                                    

あひる組リンク

QRコードです

読み取って電車の中でも見てください(^^♪

QR

今現在、見てる人

現在の閲覧者数:

取り合えず見た人