★ 社会人音楽サークル「サウンドダック」 大阪 / 京都 / 神戸 (関西) メンバー募集 (おやじ歓迎‐笑) ベーシスト急募 ☆ ジャズ&フュージョン

サウンドダックは、社会人の“音楽仲間の出会いと交友の場”です。 ジャズ、フュージョン、ファンク、R&B、ボサノバ、ポップス等を好きな人が集まり、上手い下手にとらわれず、自分なりに音楽を楽しもうとできた、年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の音楽サークルです。

プロフィール

連絡室“あひる君”(^^♪

Author:連絡室“あひる君”(^^♪
                           
◇音楽サークル「サウンドダック」は、“仲間を創って音楽を楽しもう!”を合言葉にして、関西で活動する年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の集いです。

◇交流会で気の合う仲間を創り、別の楽器の人と知り合い、世代と立場を超えて交友を広げ、自分の音楽をもっと楽しくしようというコンセプトで集まりました (^^♪

◇2009年7月には、雑誌「週刊ポスト」から取材を受け、写真と共に紹介文が掲載されました。(今現在は2017年)

カテゴリー

必見!FC2 ジャズ・ブログ

◆ 日本中のジャズ・フリークが登場して、けっこう面白いです。
いろんな人がいるもんですねー。

この中から 「サウンドダック」 を探して、
クリックしてください。栄冠の “第一位” に、ぜひご協力をお願いいたします(笑)
                   

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

1 ◆<ホーム> 初めまして、サークル概要です。


ようこそ、音楽サークル「サウンドダック」案内ブログへ!

サウンドダックは、“音楽が好きな社会人のための仲間創りの場”です。

アクセスどうも有り難うございました。

当サークルは、いつでも“新しい音楽仲間”を募集しています(^^♪



チェット・ベイカー / 何かが始まる予感、すべては一通のメールから♪


初めの4つの紹介記事で、今現在2017年のサウンドダックの概略を簡単に説明しています。

1「<ホーム>初めまして、サークル概要です」  
2「こんな人達が、音楽を楽しむために出来たサークルです」
3「交流会でお会いしましょう!」
4「サウンドダックのいろいろな活動」

“全部で11個”の紹介記事がありますので、ぜひ一通り読んでくださいね。
文章が長いのでけっこう大変だと思いますが、三日はかかりません、ほんの30分程ですので、どうぞ宜しくお願いします(笑)

写真にカーソルを当てると、ミュージシャンの名前とコメントが約6秒間出ます。
写真に挿入している“迷文句”をすべて読んで、一回も笑わなかった方は連絡室へその旨をご一報ください、賞金として交流会で生ビールを一杯奢ります(笑)
(スマホで見ていたり、あるいはパソコンであってもOSのヴァージョンによっては、迷文句が出ない場合があります、その場合は11番目の記事「付録」を読んでください)

軽く笑い読みしていただき、お便りをいただけたら嬉しいです(^^♪
 
 
 
≪上手い下手にとらわれない≫

サウンドダックは、ジャズ、フュージョン、ファンク、R&B、ブルース、ボサノバ、ポップス等が好きな方が集まった、大阪 / 京都 / 神戸 (関西)のアマチュア音楽サークルです。

(2012年の春には“東京サウンドダック”もできましたので、関東の方は、9番目の記事を読んで笑ってください‐笑)


一番最初は、中古レコード店に置いた、音楽仲間募集の15枚のリーフレットから始まりました。
まったく知らない者同士が、一通のメールから知り合い、ライブハウスで会い、音楽仲間になり、それが少しづつ増え、今現在は、ヤング、ミドル、シニアが、ちょうどバランス良くごちゃ混ぜで、約180名ほどいます。
7番目の記事 「サウンドダックの始まり(コラム1)」 をぜひ読んでくださいね

男女比は、ごく大ざっぱに言って、だいたい約半々だと思います。
(非常に大ざっぱに見てなんで、違うじゃないかぁ~と、指摘しないでくださいね-笑)
西は姫路から、明石、神戸、東は大阪全域、高槻、京都、奈良方面まで、かなり広範囲から集まります。

◎ 2009年には、雑誌の 「週刊ポスト」 に取材され、全国に紹介されました

普段はロックをしているけれど、ジャズ、フュージョン系に興味を持って来られている方もいます。
楽器、ヴォーカルとも初級者も多くいますし、ベテランでかなり上手い方々もたくさんいて、音楽のレベルも様々です。

大人になってから楽器を始めた人と、ご自身の名前でライブハウスに出ているような方とが、玉石混淆で一緒になって楽しんでいるのが、サウンドダックの一番のユニークな特徴だと思います(笑)

≪年齢はまったく不問です≫

年齢は、かなり上の方から、若い方まで、まさに年齢不問です。
ヤング、ミドル、シニアが、立場と世代を超えて、ごっちゃ混ぜなのがサウンドダックの二番目のユニークな特徴ではないでしょうか。

音楽に年齢はなし、というのが基本コンセプトでしたが、まさにその通りになりました(^^♪
特にジャズ、フュージョン、ボサノバの場合は、年齢の概念が希薄ですし、世代を飛び越えられるからこそ、音楽は楽しいという考えです。

参考までに、約180人の年齢構成を、強いて大まかに言えば、
20代が20%、 30代が25%、 40代が30%、 50代が20%、 60代以上が5%といったところでしょうか。
ただし、年齢不明の方々が多いので、これはあくまでも推測にすぎませんが(笑)

(ボサノバの神様、ジョアン・ジルベルト奇跡の大阪公演は、フェスティバルホールが超満席でしたが、当人は74歳でしたねぇ。たったひとり、ギターと歌だけで二時間半の独演、感動しました。しかもその2年後に、2歳の隠し子がいることが判明し、もっと感動しましたが-爆)

いやー、それにしても、サウンドダックのこの年齢不問、“各世代ごちゃ混ぜ”と言うのは、他にまったく類がないと思います、本当に素晴らしいですね(自画自賛)


ソニー・ロリンズ / 僕もおやじミュージシャン。若かりし頃は “モヒカン刈り” にして、世間をあっと笑わせました(笑)


≪春・夏・秋・冬の交流会≫

活動の中心は、皆が一同に会せる小さなライブハウスで行う、春夏秋冬の交流会です。
交流会のコンセプトは、“音楽仲間の出会いと交友の場”です。
(詳細は3番目の記事 「交流会で会いましょう!」にて)

今いる大勢の仲間は、全員が交流会で知り合った者同士です。
雰囲気は、軽い飲み会&飛び入りセッションのちょっとした“ミニイべント”のノリです。

楽器というのは、絶対に一人では続かないもんなんですね。
同じように楽器をしている仲間が身近にいるからこそ、それが刺激となって、将来、一緒に演奏したり、ライブハウスに出たりという夢と野望を持つことができ(笑)、楽器を続ける動機になるのだと思います。

交流会でセッションに出なくても、身近な仲間の演奏を聴くことは、楽器を続ける“最高のモチベーション”になると思います

たくさんの方々が来ていますので、逆に初めての方でも気楽に参加しやすいと思います。
先輩後輩、上下の関係は一切なく、全員が対等の横の関係ですから、誰かから話しかけてくれるのを待つのではなく、まずは自分の方から誰かに話しかけてくださいね。
“自分の方から積極的に話しかける”ということ、世の中もサウンドダックも、出会いはこれに尽きると思います(笑)

練習は、有志が自主的に声をかけ合って、時々やっています。
セッション練習は、なにせ個々のレベルとか、楽器編成とか、相性とかの問題がありますので、まずは親睦を深めて、自然発生的にといったところでしょうか(^^♪


≪4つのセッション&練習会≫

サウンドダックの活動の中心となる“交流会”のセッションとは別に、それぞれ特徴を持った4つのセッションの集いがあります。
サークルならではの、“セッション練習会”という感覚がより近いかも知れません。
(SDとは、みんなが呼んでいるサウンドダックの略称です)

(1)SDBSと呼ばれる、初心者練習会は、楽器組とヴォーカル組とに分かれて、ベテランのメンバーがサポートして行います。

初心者の方は、なかなか人と合わせる機会がないと思います。
そういった初めての方でも気軽に集まって練習できる場を創ろうと“SDBS”の企画が生まれました。
例えはちゃめちゃ演奏であったとしても、協力し合い、励まし合いながら、みんなが“音楽って楽しい”と思えたら、それは、音楽サークル「サウンドダック」が本当に目指すところです。

春夏秋冬の交流会では、一番最初にビギナータイムがあり、ここで練習の成果を発表します。

(2)SDJSと呼ばれる、ジャズセッションは、スタジオ or ライブハウスで交互に行っています。
スタンダードジャズを中心に、中級者から上級者までが、事前に希望曲を出し合い、黒本を元にセッションします。

(3)SDLSと呼ばれる、ライトミュージック(軽音)セッションは、難波のライブハウスで行っています。
基本的にノンジャンルで、ポップス、ファンク、R&B、ロック、ボサノバ等を、専用の掲示板で打合せした後、当日に合わせます。

(4)京都人会と呼ばれる、京都での練習会は、交流会の直前に京都バンドを組んで、交流会のグループエントリータイムに出ます。
京都方面の方々が集まってできましたが、今は京都以外の方々も多いです。


いろいろありますが、初心者の方は、ぜひこれらを初セッションのスタートの場にしていただければと思います。
(ご興味のある方は、ご参考までに、6番目の記事 「スタジオでのジャズセッション」 をお読みになってください)

≪親睦を深める飲み会≫

メンバー同士が個人的に声をかけ合って、ちょこちょこ飲み会はやってますが、新しい方々に呼びかける、親睦会(新人歓迎会)もあります。
まぁ、要するに“飲み会”なんですが、趣旨は音楽仲間の親睦を深め、音楽の輪を広げることです。
場所は、基本的にあらゆる交通機関の中心となります“梅田”で行っています。
(親睦会はお酒の集いなので、苦手な方に配慮して、担当リーダーに登録依頼された方にのみ案内を送っています)

交流会はライブハウスでの演奏が主役になりますが、親睦会は、“会話の集い”なので、一気に馴染め、みんなと仲良くなれると思います。

誰も知らない中で、いきなり交流会のセッションに出るのも、なかなか勇気がいるものですが、親睦会で仲良くなっていれば、セッションの敷居もぐっと低くなるはずです。
(つまり、失敗しても“笑い”で済む、という世界にシフトします‐笑)

親睦会の料金は、飲み放題などで、皆一律の料金システムのあるお店を選んでいます。
交流会で演奏のためにお酒をセーブしている方は、ここで大いに飲み、語り合ってくださいね。
みんなで打ち解け、親睦を深めるために、まずは生ビールで乾杯しましょう(^^♪
  


 
3月頃に春の交流会、7月頃に夏の交流会、9月頃に秋の交流会、12月頃に冬の交流会があります。
(お店の予約状況、曜日、連休などの関係で、月の前後にズレる場合も多々あります)

各セッションは原則として、春夏秋冬の交流会の合間に、親睦会(飲み会) は、新人の方々の集まり具合を見ながら、年に数回不定期に行います。


マイルス・デイヴィス / ジャズとロック、どっちも好きやなぁ(たこ焼きといか焼き、どっちも好きやなぁ。そやけど阪神デパート名物のんはアカンよ、あそこのん焦げてるもん‐笑)


≪サークル会費などはありません≫

サウンドダックには、一般的な意味でのサークル会費はありません。

(※以下の文章は、梅田のロイヤルホースで交流会を行っていた時のものですが、2016年以降は、芦屋のレフトアローンに移りましたので、各自がお店に3000円を払うシステムに変更されました。
お店を移転する場合、以前のシステムに戻る可能性もありますので、一応、参考として文章は残しておきますね)

交流会は、ライブハウスを、「バイキング料理&飲み放題付の箱借り」で借り上げます。
その金額を、参加されるであろう方々の“予想人数”で割り、適正な一人頭の参加費を割り出します。
もちろん営利活動ではないですから、プラス、マイナスが出ない線で割り出します。

例としては、35万円でお店を借り上げ、参加予定者を100人と見積もった場合は、参加費は3500円に設定します。
きっちり100名のご参加なら、プラス、マイナスはゼロです。

しかし、実際は110人の参加者であった場合、10人分、つまり3万5000円が浮きます。
これは、次回の交流会の費用に組み込まれますので、次回は若干参加費の設定が安くなるという算段です。

ショートした場合は、サークル代表者が一時的に立て替えます(泣)
プラス、マイナスが限りなくゼロに近くなるように、その都度、参加費を調整して行きますから、大きな金額が内部留保されることはありません。

毎年、冬の交流会の案内に、一年の収支決算を載せて報告します。
その時点でのサークル内の留保金も分かりますので、チェックし、把握しておいてください。

一連の経理作業は、すべて「会計チーム」が責任を持って行います。
ただ今現在は、責任者を含めて、12名の会計チームメンバーがいます。
交流会で参加費を渡す時、よく顏を見てみてください、賢そうな方ばかりだと感心されるはずですよ(笑)

≪規約などはありません≫

気楽に音楽を楽しもうという集まりですから、規約とかそのようなものはまったく何もないんです。

最低限のルールといえば、メールでのやり取りが唯一の架け橋になりますので、連絡室の要返信の案内に返信を返していただくことです。
もうひとつは、仕事の話は一切なし!仕事の名刺は出さない、と言うことくらいですね、これだけは止めましょうね。

連絡室&担当リーダーからの“要返信メール”には、必ずご返信をお願いします。
一回、返信がないだけで、すべての関係が切れてしまいますので、くれぐれも宜しくお願いします。

◇案内のメールには、必ず要返信か、返信は不要かを明記します。
メールのご返信の悪い方だけは、申し訳ないですが初めからご遠慮してくださいね、その方がいいと思います
◇案内の送信のストップを希望された時点で、アドレスは自動的に削除されますので、どうぞご安心ください。


グラント・グリーン / 「ジャズはできんけど、ブルースならできるでっ」 …ところで吉田さん、そのセリフ、もう25年言うてるやん(笑)


≪いつでも仲間を募集しています≫

サウンドダックは、音楽の好きな社会人のための仲間創りの場ですので、いつでも音楽仲間を募集しています。

セッションが楽しくて来られる方もいますし、音楽談義が楽しくて来られる方もいますし、バンドメンバーを探しに来られる方もいますし、音楽友達と会うのが楽しくて来られる方もいますし、目的は本当に皆それぞれです。
それでも、“音楽が好きという共通項”で結びついているのがサウンドダックです。

まだまだ、試行錯誤のつたない集まりですので、皆さんのご意見やご希望でこれからも色々と変わっていくと思います。
ご一緒にやって行ければ嬉しいです。
まずは気楽な感じで、ぜひサウンドダックの交流会にお越しください♪


小野リサ / ボサノヴァの揺れる感じが好き♪(サウンドダックNO.1の酒豪○○子さんの酔った時の口癖です。もちろんその後は意味不明に~笑)


★ご連絡は、10番目の記事●「連絡室への連絡方法です」 をご覧になってください。
 
いつでもお便りをお待ちしています(^^♪

☆みんなでご一緒に音楽を楽しみましょう!
 

  

こんな音楽サークルです

4 サウンドダックのいろいろな活動

 
“交流会”から派生した6つの活動です(^^♪


活動の中心となる春夏秋冬の交流会から、自然に広がったいろいろな活動があります。
交流会の案内は、10番目の記事に記してある連絡室から行きますが、これらの各活動は、それぞれの担当リーダーが参加希望メンバーを登録して、別途に案内を送ります。
リーダーのアドレスは、連絡室に問い合わせていただければお伝えします。

(SDとは、みんなが呼んでいるサウンドダックの略称です)


塩次伸二 / そう言えばあの頃、吉本興業の漫才師から音楽に転向した、“北京一” ってのがおったなぁ、誰か消息を知ってたら教えてください。「男でっせ、カルーセル麻紀!」というギャグでした(笑)


(1)SDBS ビギナーセッション
ジャズ初心者の練習会で、スタジオが主ですが、ライブハウスでも行います。
楽器組と歌組があり、セッションのルールなども勉強します。
ヴォーカルの方は、ヴォイストレーニングや、移調符の書き方も学びます。
登録メンバー数は、約80名
(内ヴォーカルは、約20名)
担当リーダー 〇〇さん(〇ー君)

〇ー君から一言^_^*
「ジャズを勉強したり、練習を通じてジャズを身近に感じ、セッションを楽しめるようになってもらうのがこの練習会の狙いです。
たまご組とあひる組に別れて、段階を踏みながら練習しますので、初めての方もご安心ください。

皆さんの練習の成果を発表する場として、交流会で初心者コーナーを設けていただいており、演奏や歌唱を披露していただきます。
SDBSにご参加されますと、さらに交流会が楽しくなりますよ♪」


(2)SDJS 純ジャズセッション
スタンダードジャズを中心とした、スタジオ or 小さなライブハウスでの集い
登録メンバー数は、約60名
担当リーダー 〇〇さん(〇〇けん兄さん)

〇〇けん兄さんから一言^_^*
「ジャズが大好きで演奏を楽しみたい、極めたい方の集まりです。
初心者の方から“プロ級”まで歓迎です。
事前に希望曲を調整しますので、練習期間を確保できるセッションです。
みんなで本格的なジャズセッションを楽しみましょう♪」


(3)SDLS ライトミュージックセッション
ジャンルで括らない大人の軽音セッション
小さなライブハウスに、楽器&ヴォーカルのない交ぜで集まります。
登録メンバー数は、約70名
担当リーダー 〇〇さん(〇明)

〇明から一言^_^*
「元々ファンクセッションとしてスタートしましたが、よりジャンルの裾野を広げてライトミュージックとしました。
Pops、Rock、Fusion、Soul、R&B、Blues、etcと幅広いリクエストを受け付け、掲示板でのやり取りの後、ライブハウスを借り切って1発合わせで演奏します。
とにかく、みんなが楽しめるセッションにしたいです♪」


(4)京都人会 京都セッション
京都方面の方々の集いとしてスタートしましたが、京都以外の方々も多いです。
毎回いくつかバンドを組んで、交流会に出ています。
登録メンバー数は、約60名
担当リーダー 〇〇さん(〇ねぇ)

〇ねぇから一言^_^*
「交流会での出演の敷居を低くしたい、という思いで2014年7月に発足した会です。
交流会の直前の時期に課題曲を練習して、有志で出演しています。
京都在住者以外も大歓迎です。
恒例の祇園祭り飲み会にもぜひ。
ご連絡お待ち申してます♪」


ビル・エバンス / あなたは、いつでも僕にとって特別な人でした、もちろん今も、そしてこれからも♪
(スマホで見ると、ビル・エバンスと下のウエス・モンゴメリーだけが、どうしても写真が小さく表示されますね…)

(5)SD親睦会 飲み会
新しくSDに入った方&新しい方と仲良くなりたいと思っている方&単に飲み会の大好きな方との懇親の集い(笑)
登録メンバー数は、約70名
担当リーダー 〇〇さん(〇えやん)

〇えやんから一言^_^*
「新しい方々と、従来からの方々とが、お酒を飲みながら親睦を深める会です。
いつも梅田の居酒屋で行っています。
気軽な感じで登録依頼してくださいね、その都度また案内を送ります。

新しい方々からは、交流会に行くまでにどんなサークルなのか不安でしたが、親睦会で楽しくメンバーを知ることができて良かったとのお声をいただいています。
SDを知るにはまずは親睦会。
もえ?!怪しい幹事を確認しに来てください(笑)
楽しく飲みましょうね♪」


(6) SDTwitterコミュニティ
初期の頃は、初代管理人の筆者(〇〇さん)が、毎日10ツイートほど呟いていた(笑)、歴史あるSDコミュニケーションツール
四代目管理人 〇〇君(〇っちゃん)
コミュ参加人数は、約60名

〇っちゃんから一言^_^*
「サウンドダックのメンバー間のコミュニケーションにツイッターを使っています。
ぜひ日々のあれこれを呟き合って親睦を深めましょう。
コミュご参加の際は、自己紹介欄に"SD"と記入して、
@tmatsu3399をフォローしてください。
こちらからもフォローを返します。
(ご自分のフォロワー全員に、フォローを返してくださいね)

「SD広報」は、代表の〇〇さんから、このアカウントにツイートされますので、気に掛けて見ていただければと思います。
交流会やセッションの間には少し時間が空きますが、ツイッターのタイムラインで、毎日のように会っているSD仲間は、その親密度において、やはり深いものがあるように思います。
SDTwitterコミュニティに、ぜひご参加くださいね♪」


ウエス・モンゴメリー / この人は、巨人というより怪物ですね、のほほんとした顔に薄ら笑いを浮かべながら、ジャズ史上に輝くもの凄いことをやってるんだから(笑)


交流会にご参加された後、できましたら、どれかの部門に入られることをお薦めします。
いろいろな活動に参加することで、演奏の機会はもちろんとして、SD内の人脈ができ、より当サークルを楽しんでいただけると思うからです。
(複数登録もオッケーです)

各活動にご興味を持たれた方は、簡単な自己紹介を添えて、担当リーダーに直接連絡してください。
それぞれのリーダーが、それぞれのやり方で運営してますので、直接のやり取りの中で、そのシステムを把握して行ってください。

ひとつ筆者(〇〇さん)の座右の銘を紹介しますね。
それはこんな言葉です。
「一歩前へのきっかけ創り」

これら6つの活動の参加資格は、当然、サウンドダックのメンバーであることです。
サウンドダックのメンバーの定義とは、簡単に言えば、交流会にご参加されている方となります。
(お仕事や特別な用事がある時は、もちろん別ですので、まったくお気遣いなく)

全員集合の場としての交流会が充実してこそ、サークルとしての統一感ができます。
そして、同じ空間の“共有感”を持つことで、同じサークルの仲間になれます。
それが春夏秋冬の交流会です。
この主旨を共通認識として、ぜひみんなで“交流会”を盛り上げて行ってくださいね(^^♪

サウンドダックは、お店のセッションデーや、巷の対バンライブとは根本的に違います。
目指すのは、音楽を好きという趣味縁を元とした豊かな人間関係の環です。

目指すところは不変ですが、方法的には、状況に応じて、交流会のお店も、システムも、各セッションの内容も、また変わって行くと思います。
虚心坦懐、臨機応変に、上記のリーダー&交流会のチームキャップ&セットリスト作成キャップ達と力を合わせて、よりみんなが楽しめるサークルを目指して行きますので、ご協力をどうぞ宜しくお願いします(⌒-⌒ )

こんな音楽サークルです
ホーム全記事一覧

メンバーを募集 しています♪

◇サウンドダックは、音楽の世界に於ける仲間(友達)創りの場です。
もちろん、年齢はまったく不問です。
(ヤング・ミドル・シニア)
今現在2017年、いつでも “音楽仲間” を募集していますので、ぜひお気軽にご連絡ください(^^♪

(連絡先は、10番目の記事●「連絡室への連絡方法です」 に記しています)

紹介記事のタイトル

                                    

あひる組リンク

QRコードです

読み取って電車の中でも見てください(^^♪

QR

今現在、見てる人

現在の閲覧者数:

取り合えず見た人