★ ジャズ & フュージョン 音楽サークル 「サウンドダック」  大阪 / 京都 / 神戸 (関西)+東京 メンバー募集 (おやじ歓迎‐笑) ベーシスト急募 ☆

サウンドダックは、社会人の “音楽仲間の出会いと交友の場” です。 ジャズ、フュージョン、ファンク、R&B、ボサノバなどを好きな人が集まり、上手い下手にとらわれず、自分なりに音楽を楽しもうとできた、年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の音楽サークルです。

プロフィール

 連絡室 “あひる君”  (^^♪

Author: 連絡室 “あひる君” (^^♪
                           
◎ 音楽サークル 「サウンドダック」は、“仲間を創って音楽を楽しもう!” を合言葉にして、関西で活動する年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の集いです。

◎ 交流会で気の合う仲間を創り、別の楽器の人と知り合い、世代と立場を超えて交友を広げ、自分の音楽をもっと楽しくしようというコンセプトで集まりました (^^♪

◎ 2009年7月には、雑誌 「週刊ポスト」から取材を受け、写真と共に紹介文が掲載されました。(今現在は2017年)

◇ このブログは、一番上のタイトル欄に並べてある言葉が、一行の間にちょうど収まる大きさの画面設定が “標準” です。

カテゴリー

必見! FC2 ジャズ・ブログ

◆ 日本中のジャズ・フリークが登場して、けっこう面白いです。
いろんな人がいるもんですねー。

この中から 「サウンドダック」 を探して、
クリックしてください。栄冠の “第一位” に、ぜひご協力をお願いいたします(笑)
                   

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

3 “交流会” でお会いしましょう!

 

ぜひ交流会にご参加ください (^^♪


交流会のコンセプトは、“社会人の音楽仲間の出会いの場”です。




上原ひろみ / 何やかや言うても、今一番の売れっ子やね♪ しっかし、いきなり立ち上がって弾くからびっくりするよね(笑)




(※このブログは、一番上のタイトル欄に並べてある言葉が、一行の間にちょうど収まる大きさの画面設定が “標準” です)


≪全員が交流会で出会いました≫


交流会の開催は、大阪駅(梅田駅)を関西の交通の要として捉え、乗り換えてもそんなに遠くない範囲で、メンバー数や、その時々の企画などを考慮しながら、適切なお店を選んでいます。
(以前は、梅田のロイヤルホースで行っていましたが、2016年からは、午前11時から午後11時まで、12時間ぶっ通しの交流会を、芦屋のレフトアローンで行っています)

今のサウンドダックのメンバーは、何人かの小グループが発展して出来たのではなく、もともと誰ひとり横のつながりはなかったのですが、全員が交流会で出会い、声をかけ合い、そして、音楽仲間になりました (^^♪


誰かが自分に話しかけてくれるのを待つのではなく、まずは隣りに座っている方に、ぜひ自分の方から積極的に話しかけてくださいねー。
“一歩前へのきっかけ作り”、進んで話しかけることから、いろいろなことが始まると思います。

サウンドダックの出会いで、たくさんのバンド(執筆時で23バンド)や、練習グループ、飲み仲間(笑)ができていますが、正式に “ご結婚” されたカップルも六組いらっしゃいます。
音楽が結び付けた出逢いなんて、素晴らしいじゃないですか♪

座席は、いつでも好きな席に自由に移動してください。
たまたま隣に座った方というのはあくまで偶然ですから、気の合う方を探して、あっちこっちどんどん移動されることを推奨いたします(笑)

(音楽サークルの集いで、仕事の話を持ち出したり、相手に訊いたりすることは、いかに趣旨に反するか、11番目の記事 “コラム2” を読んで貰えれば、良くご理解いただけると思います)




ジョアン・ジルベルト / 奇人変人度でギネスブックに載ってるのは知ってましたが、大阪公演の45分フリーズにはたまげました(笑)



 

≪はちゃめちゃセッション大会≫



雰囲気は軽い飲み会のノリなんですが、途中から成り行き飛び入りで、いつのまにか下手なセッション大会になります(笑)

演奏に出るのはだいたい約半数くらいの方々で、ジャズとフュージョン系が中心ですが、フリータイムでは、ファンク、ボサノバ、ブルースから、ポップスまで、けっこうバライティ豊かです。

シックなジャズのバラードのすぐ後に、ファンクやR&Bが飛び出しても不自然ではないというハチャメチャな雰囲気です。
★ 4番目の記事、「セッションタイムについて」 をご参考にして下さい。

いつもだいたいこんな順序でやってます。


↓ 「スタンダードジャズタイム」-ヴォーカル曲も含む
(一般的なジャズセッションでよく取り上げられる曲目が中心)
定期的にスタジオで行われているセッションのご参考にしてください。

↓ 「バンドタイム」-デュオから大所帯まで
(サウンドダック内にできたオリジナルバンドにて)
ノンジャンルでたくさんのバンドが出て、今最も華やかなタイムになっています。

↓ 「一人芸タイム」-孤高の音楽家諸君の為に!
(アコギソロ、ソロピアノ、ボサノバ弾き語り、ピアノ弾き語りなど、一人で演奏する方)
老舗ジャズクラブ・ロイヤルホースのステージを独占し、スターなった気分になれますよ♪

↓ 「ひよこタイム」-サウンドダックの原点
(この概念は自己理解に於てであり、他者は介在しません-笑)
サウンドダックの名物タイム、もちろん上手い下手はなし、ご遠慮せずにぜひ出てくださいね。

◎ 「フリータイム」-制約なくすべて自由に
(様々な音楽的人種が集う “あひる合衆国” のお祭りタイム)   
ジャズ系から、ファンク、R&B、ポップス、そして最後は、ひよことあひるで仲良くブルース?(笑)     


始まりのオープニングの時は、けっこう皆ガチガチなんですが、後になる程だんだんとほぐれて来て、後半はハチャメチャになります。
(だんだんとお酒が回って来るのかも知れません-笑)

ご興味のある方は、楽譜を4、5枚コピーしてお持ちください。



★ 5番目の記事、「サウンドダック共通レパートリー」 に、共通の参考曲を掲載していますのでご覧になってください。
 

 


 

いつも新鮮なフィーリングで皆が会えるように、交流会の回数はあえて意識的に少なくしています。
(デートは、たまにするから楽しいんですよね~笑)

また、ある程度の期間を開けないと、セッションタイムでのレパートリィーが同じままになってしまいますので、練習期間を取るという意味合いもあります。


今のお店の備え付けの機材は、ドラムセット、ギターアンプ複数、ベースアンプ、ピアノ、ヴォーカルマイク等々です。
セッティングすればピアノの弾き語りもできます。
管楽器、ギター、エレキベース、ウッドベースはご持参してください。




マイルス・デイヴィス / モダンジャズの帝王、僕は “夜の帝王” と言われましたけど(笑)




≪目的は皆それぞれです≫


音楽談義、 友達作り、 音楽仲間作り、 セッション出まくり、 演奏を聴いて楽しむ、 練習仲間を探す、 バンドメンバーの募集、 初出演度胸試し、ライブの宣伝、 お店の宣伝チラシの配布(ただし音楽のお店)、 ひたすらお酒を飲む(苦笑)などなど。


それでも、同じようにジャズやフュージョンや音楽が好きな方々が、定期的に、一同に会せる場所に集まれば、やはり相通じるものがあり、“その緩やかな同好のつながり”が、サウンドダックが単なるミニイヴェントではなく、音楽サークルたるゆえんです


年齢層も幅広く、実にいろいろな人がいますので、ぜひ親睦を深め、ご自身の音楽の世界を、さらに広げていただければと思います。 

音楽の楽しみ方は十人十色ですから、サウンドダックの中に、何らかの “ご自分なりの楽しみ” を見つけていただければ幸いです。
 

 


 

◎ 交流会の「司会者」を募集しています! 

音楽をやる以上、人前で喋るということは、付いて廻りますよね。
人前で喋る練習という意味では、格好の練習舞台だと思います。

特に、ヴォーカルの方はMCが必需ですから、ぜひ交流会で練習してください

一人でするのではなく、複数の人間で時間ごとに分担します。
例えば、司会者が6人集まった場合は、一人一時間とかですので、そんなに負担にはならないと思います。
理想は、全員がいつでも、即席の司会者になってくれることですね(笑)


一度、“司会の練習” をしてみようかなぁ”、と思われる方は、連絡係りのMに、ぜひお気軽にご一報ください。




マイケル・ジャクソン / 飼ってたお猿の名前は何でしたっけ?




≪まずはお気軽にご連絡ください≫


★ ご連絡は、12番目の記事、●「連絡室への連絡方法です」 をご覧になってください。
皆でお便りをお待ちしています。

次回の交流会などの案内を送ります。皆でぜひお会いしましょう!


☆ では、皆でお会いできるのを楽しみにしています (^^♪


 

交流会について

6 交流会のプログラム (実物)

 
交流会のプログラムの実物です (^^♪


下記のような文章の用紙を配り、即席の司会者と共に、“皆でワイワイ” と進行させました。

説明文を読んでても、なかなか実感が湧かないかも知れませんね。
ひとつの例として、2008年の秋冬の交流会のプログラムの “実物” をそのままコピー&ペーストで掲載しますので、ご参考にしてください。

(当然、毎回少しずつ違いますが、あくまでもひとつの例として)




塩次伸二 / そう言えばあの頃、吉本興業の漫才師から音楽に転向した、“北京一” ってのがおったなぁ、誰か消息を知ってたら教えてください。「男でっせ、カルーセル麻紀!」というギャグでした(笑)




           ― ≪交流会の大まかな進行プログラム≫ ―


◇ サウンドダックは、「社会人の音楽仲間の出会いと交友の場」 です。
周りの方 にドンドンと話しかけて下さい、“遠慮はまったく不要” です(笑)

◇ 司会者と共に “皆さん全員” で、ワイワイと言いながら進行させて下さい。

◇ セッションタイムは、自由に前で演奏できる、上手い下手なしの “オープンステージ”です。
自分から進んで前に出て、曲を決め、他の楽器の方を募って下さい。

◇ 各パートで、「一人一曲演奏」 したら、必ず他の方に声を掛け、いったん代わるようにしましょう。
いったん代わった後、また自由に出て下さい。


(座席をステージに向かって “皆が一同に会せれるよう” に並び替え、照明を少し落とし、バックの音楽を少し大きくするセッティングに、ご協力をお願いします)



1.
<6時30分から自己紹介>

とにかく皆が「名前」 を覚えるように、ご自身でも大きな声で名前を言って下さい。
楽器と、簡単なプロフィール、好きな音楽など “何か一言” 約20秒ほど。
(オープニングで演奏される方は、前に出て準備に入って下さい)


2.
<個人スピーチタイム>

バンドメンバー募集、練習仲間募集、ライブ&イヴェントの宣伝等など。
マイクで自由に喋って下さい。チラシ類はこのタイムで配って下さい。


3. <セションタイムのオープニング・ギグ>

最初は緊張しますので、“それを打ち破る度胸” のある方(笑)
スタンダードジャズを五曲演ってください。
曲目は、その場で相談し、自由に決めて下さい。
(一曲を演奏したら、メンバーは入れ替わりましょう)


4. <ヴォーカルタイム>

まず、バッキングのメンバーを募ります。
特に 「歌伴ピアノ」 のできる方は、どうぞ宜しくお願いします。
ヴォーカルの方は、譜面を配り、好きな曲を歌って下さい。
(ただし、曲、キーにより、バックのメンバーができるか? の兼ね合いがありますので、その場で打ち合わせして下さい)


5. <一人芸タイム>- 

ボサノバ弾き語り、アコギのソロ演奏、ピアノ・エレクトーンの独演、ピアノの弾き語り、クラシックギター独演、デュオ演奏などなど。




スライ・ストーン / ウッドストックはバリすごかった。“ファイヤ!” って掛け声の本家本元ですよね、アントニオ猪木さーん(笑)



                     
6. <ひよこタイム> 

曲目・ジャンルは基本的に自由ですが、できたらジャズ&ボサノバを演りましょう。
コンセプトは、ひよこの 「公開練習」 です。

演奏者が緊張しないよう、他の人は “あえて話に夢中になり”、あんまり真剣に聴かないようにしてください(笑)
実は “ひよこではない方” も進んで出て、ぜひ全体をサポートして下さいね。
(曲が決まらない時は、枯葉、フライミー、オールオブミー、イパネマなどなど、サウンドダック課題曲にある定番曲からか、あるいはジャズブルース)
    
初めに誰かがずっこけて、“笑い” を取ってくれれば、後の人がずっと楽になれるのですが~(爆)
 

7. <9時を目安に楽器別の席替え>

遅れて来た方の 「自己紹介」 をしながら、楽器別の席替え。
(ひよこタイムの途中でも、「9時」 になれば席替えしましょう)

ステージを見た状態で、左側から、ピアノ、管楽器、ヴォーカル、ドラム、ギター&ベースに、大まかに分かれて座り直します。
各楽器の方が、それぞれ声をかけ合いながら移動して下さい。
“同じ楽器の者同士” で、より親睦を深めましょう。
(別の楽器の席に座るのは、もちろんまったく自由です)


8. <フリー・セッションタイム>
 
好きな曲、好きなジャンルを、上手い下手なしでハチャメチャにやりましょう(笑)
すべてが自由なフリータイムです。
遅れて来て各タイムに出れなかった、ヴォーカルと一人芸の方は、このタイムに出てください。
そしてもちろん、ファンク、ロック、ブルース、ポップスの方々の出番です。


9. <11時前ごろからラストの曲>
 
多くの方が、演奏参加できるブルース、ジャズブルースで締め括り。
次回の再会を期して自然散会です。
次の交流会でまたお会いしましょう!



◎あくまでも大まかな進行予定です、後は “臨機応変の自然な成り行き” でやりましょう。

◎もし座席が満席の時は、男性諸君が立ち、女性に席を勧めて下さい。

 
(※お店が散らからないように、この用紙は必ず持って帰って下さい)






安達久美(ヤンクミ) / アイドルが “スコヘン”(スコット・ヘンダーソン) とは恐れ入りました。変態系がお好きなようですね。あっ、これは音楽の世界では褒め言葉です(笑)




交流会について
ホーム全記事一覧

メンバーを募集 しています♪

◆ サウンドダックは、音楽の世界に於ける仲間(友達)創りの場です。
もちろん、年齢はまったく不問です。
(ヤング・ミドル・シニア)
今現在2017年、いつでも “音楽仲間” を募集していますので、ぜひお気軽にご連絡ください (^^♪

(連絡先は、12番目の記事 「連絡室への連絡方法です」 に記しています)

紹介記事のタイトル

                                    

あひる組 リンク

QRコードです

読み取って電車の中でも見てください(^^♪

QR

今現在、見てる人

現在の閲覧者数:

取り合えず見た人