★ 社会人音楽サークル「サウンドダック」 大阪 / 京都 / 神戸 (関西) メンバー募集 (おやじ歓迎‐笑) ベーシスト急募 ☆ ジャズ&フュージョン

サウンドダックは、社会人の“音楽仲間の出会いと交友の場”です。 ジャズ、フュージョン、ファンク、R&B、ボサノバ、ポップス等を好きな人が集まり、上手い下手にとらわれず、自分なりに音楽を楽しもうとできた、年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の音楽サークルです。

プロフィール

連絡室“あひる君”(^^♪

Author:連絡室“あひる君”(^^♪
                           
◇音楽サークル「サウンドダック」は、“仲間を創って音楽を楽しもう!”を合言葉にして、関西で活動する年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の集いです。

◇交流会で気の合う仲間を創り、別の楽器の人と知り合い、世代と立場を超えて交友を広げ、自分の音楽をもっと楽しくしようというコンセプトで集まりました (^^♪

◇2009年7月には、雑誌「週刊ポスト」から取材を受け、写真と共に紹介文が掲載されました。(今現在は2017年)

カテゴリー

必見!FC2 ジャズ・ブログ

◆ 日本中のジャズ・フリークが登場して、けっこう面白いです。
いろんな人がいるもんですねー。

この中から 「サウンドダック」 を探して、
クリックしてください。栄冠の “第一位” に、ぜひご協力をお願いいたします(笑)
                   

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

3 “交流会”でお会いしましょう!

 

ぜひ交流会にご参加ください(^^♪

交流会のコンセプトは、“社会人の音楽仲間の出会いのと交友の場”です。


上原ひろみ / 何やかや言うても、今一番の売れっ子やね♪ しっかし、いきなり立ち上がって弾くからびっくりするよね(笑)


≪全員が交流会で出会いました≫


交流会の開催場所は、大阪駅(梅田駅)を関西の交通の要として捉え、乗り換えてもそんなに遠くない範囲で、メンバー数や、その時々の企画などを考慮しながら、適切なお店を選んでいます。
以前は、梅田のロイヤルホースで行っていましたが、2016年からは、午前11時から午後11時まで、12時間ぶっ通しの交流会を、芦屋のレフトアローンで行っています。
(それぞれご都合のいい時間に来ていただき、ご都合のいい時間に自由散会です)


今のサウンドダックのメンバーは、何人かの小グループが発展して出来たのではなく、もともと誰ひとり横のつながりはなかったのですが、全員が交流会で出会い、声をかけ合い、そして音楽仲間になりました(^^♪

誰かが自分に話しかけてくれるのを待つのではなく、まずは隣りに座っている方に、ぜひ自分の方から積極的に話しかけてくださいね。
“一歩前へのきっかけ作り”、進んで話しかけることから、いろいろなことが始まると思います。

サウンドダックの出会いで、たくさんのバンド(執筆時で23バンド)や、練習グループ、飲み仲間(笑)ができていますが、正式に“ご結婚”されたカップルも六組いらっしゃいます。
音楽が結び付けた出逢いなんて、素晴らしいじゃないですか♪

座席は、いつでも好きな席に自由に移動してください。
たまたま隣に座った方というのはあくまで偶然ですから、気の合う方を探して、あっちこっちどんどん移動されることを推奨いたします(笑)
(音楽サークルの集いで、仕事の話を持ち出したり、相手に訊いたりすることは、いかに趣旨に反するか、8番目の記事“コラム2”を読んでもらえれば、良くご理解いただけると思います)


ジョアン・ジルベルト / 奇人変人度でギネスブックに載ってるのは知ってましたが、大阪公演の45分フリーズにはたまげました(笑)

 

≪はちゃめちゃセッション大会≫

演奏に出るのはだいたい約半数ちょっとくらいの方々で、ジャズ、フュージョン、ファンク、ボサノバ、ブルース、ポップスまで、けっこうバライティ豊かです。
シックなジャズのバラードのすぐ後に、ド派手なファンクやR&Bが飛び出しても不自然ではないという、はちゃめちゃな雰囲気です(笑)

交流会の演奏システムも紆余曲折しながら、今は下記のような感じで行っています。

(1)「ビギナータイム」 
SDBS(初心者練習会)の発表の場です。
オープニングの午前11時から昼の2時くらいまで、約20曲ほどを初心者(新人)の皆さんで演奏します。

(2)「グループタイム前半」 
サウンドダックの中で出来た演奏グループ(バンド)が出ます。
事前にメールでエントリーして、各グループが2曲演奏します。
恒常的に活動しているバンドではなく、交流会で演奏するために、即席で組まれたバンドも多いです。

(3)「セッションタイム前半」 
事前にメールでリクエスト曲を募り、持ち込んだホワイトボードのパート空欄に、当日、名前を書いてエントリーします。 

(4)「グループタイム後半」 
サウンドダックの中でできた演奏グループ(バンド)が出る後半の部。

(5)「セッションタイム後半」 
持ち込んだホワイトボードのパート空欄に、当日、名前を書いてエントリーする後半の部。 

(6)「オールビギナーセッション」
最後にブルース等、ビギナー全員参加で盛り上がります。

(7)「オールスターセッション」 
交流会最後の曲を、フロント楽器全員参加で、大いに盛り上がって締め括ります。
  


 
今のお店の備え付けの機材は、ドラムセット、ギターアンプ複数、ベースアンプ、グランドピアノ、ヴォーカルマイク等々です。
セッティングすればピアノの弾き語りもできます。
管楽器、ギター、エレキベース、ウッドベース、ドラムスティックはご持参してください。


マイルス・デイヴィス / モダンジャズの帝王、僕は “夜の帝王” と言われましたけど(笑)


≪目的は皆それぞれです≫

音楽仲間創り、 バンドでの演奏、セッション出まくり、 演奏を聴いて楽しむ、 練習仲間を探す、 バンドメンバーの募集、 初セッション度胸試し、友達創り、音楽談義、ライブの宣伝、 お店の宣伝チラシの配布(ただし音楽のお店)、 ひたすらお酒を飲む(苦笑)などなど。

それでも、同じように音楽が好きな方々が、定期的に、一同に会せる場所に集まれば、やはり相通じるものがあり、その緩やかな同好のつながりが、サウンドダックが単なるイベントの集いではなく、音楽サークルたるゆえんです。

年齢層も幅広く、実にいろいろな人がいますので、ぜひ親睦を深め、ご自身の音楽の世界を、さらに広げていただければと思います。
音楽の楽しみ方は十人十色ですから、サウンドダックの中に、何らかのご自分なりの楽しみを見つけていただければ幸いです。
  


 
◎交流会の「司会者」を募集しています(^^♪ 

音楽をやる以上、人前で喋るということは付いて回りますよね。
人前で喋る練習という意味では、格好の練習舞台だと思います。

特にヴォーカルの方はMCが必需ですから、ぜひ交流会で練習してください

一人でするのではなく、複数の人間で時間ごとに分担します。
例えば、司会者が多数集まった場合は、一人2時間とかですので、そんなに負担にはならないと思います。
理想は、全員がいつでも、即席の司会者になってくれることですね(笑)

一度、「司会の練習をしてみようかなぁ」と思われる方は、連絡係りのMにぜひご一報ください。


マイケル・ジャクソン / 飼ってたお猿の名前は何でしたっけ?


≪まずはお気軽にご連絡ください≫

★ご連絡は、10番目の記事●「連絡室への連絡方法です」 をご覧になってください。

お便りをいただきますと、次回の交流会の案内を送ります。

☆みんなでお会いできるのを楽しみにしています(^^♪  


交流会について

5 交流会の実況中継(枯葉編)


2016年の秋の交流会(枯葉編)の実況中継です(^^♪


2016年の秋の土曜日、ビギナータイムが始まる、午前11時ちょうどにお店に入りました

レフトアローンは、昼間は窓から外の光が入るので明るく、まだお酒も入ってない故、雰囲気は発表会という感じで、まだみんな軽く緊張しているのが伝わって来ました。
ざっと見渡すと、スタートの時点で、もう約50名くらい集まっていたと思います。
(秋の交流会の参加表明は、124名)
司会者は、唄う女性ベーシストも〇ちゃんです。

SDBS(初心者練習会)ができてから、SDは本来のサークル趣旨を実現できたと思います。
担当リーダーの〇ー君&サポートメンバーの皆さんに、本当に感謝です。

オープニングギグは、〇ー君(Gt)、と〇ちゃん(Pf )、奥〇さん(B)、大〇ちゃん(Dr)のSDBSサポートメンバーによる模範演奏で始まりました。
いつ聞いても〇ー君のジャズギターは、状況に応じて変幻自在、本当に上手いです♪

SDBSの皆さんの演奏が次々と始まりました。
この日のために組まれた即席バンドですが、直前に何回も練習を重ねて来たそうです。
緊張しているけれど、それでいて微妙に笑みがこぼれている、みんなの幸せそうな顔が印象的でした。

昼の2時頃になり、バントタイム前半が始まる頃から、おおかた満席になり、スタートの緊張した感じから、店内はグッと交流会らしい賑やかな雰囲気になって来ました。

教授(Pf)、津〇ちゃん(B)、〇トレッチさん(Dr)の演奏が始まると、夏もそうでしたが場内が静まり返ります。
完全なプロ演奏の高度なコンテンポラリージャズに、みんな聴き惚れて黙ってしまうんです。
このトリオ演奏は、音楽サークル「サウンドダック」の誇りです♪

スタッフBチームの板〇さんが、京都の職場を早退して、まるでサウナから出てきたみたいに汗びっしょりで、ベースを担いで駆け付けてくれました。
彼のサウンドダック愛には、本当に頭の下がる思いです(笑)

ずっとフォービートが続いてましたが、バンドタイム前半の部の最後に 、あ◯がなんとロコモーションを熱唱しました。
会場の空気はそこから変わり、一気に華やかに盛り上がりましたね♪



安達久美(ヤンクミ) / アイドルが “スコヘン”(スコット・ヘンダーソン) とは恐れ入りました。変態系がお好きなようですね。あっ、これは音楽の世界では褒め言葉です(笑)



5時過ぎくらいから店内はだんだん暗くなって来て、マラソン交流会は夜の部に入り、ジャズ系音楽のブラック&ブルーの雰囲気に満ちて来ました。
完全に満員となり、かなりの立ち見になっていましたが、狭いレフトアローンは、むしろ立ち見状態になる方が、周りの方々とワイワイと話しが弾み、より交流会らしくなるように思います。

マラソン交流会も夜たけなわ、ピークの時間帯となった頃、マキ◯◯が司会者として登場しました。
なかなか堂に入ったキュートな司会ぶりで、たくさんの男性ファンも、きっと喜ばれたことと思います(笑)

熱演が続いたせいか、フリータイムのセットリストが、時間を逆算したら追い付かなくなり、スタッフCチームの方々は気をもんだようで、いろいろご苦労をお掛けしましたm(_ _)m

ラスト曲の枯葉は10時50分から始まりましたが、お店との約束は11時終わりですので、間に合うかヒヤヒヤの心境でした。
きょ◯ちゃんのピアニカ、新人の大◯さんの女性ウッドベースで演奏された枯葉は、演奏者も、聴いてる方もその熱気に包まれ、なんとも感動的で、ラストを飾るに相応しい素晴らしい10分間でした♪


スライ・ストーン / ウッドストックはバリすごかった。“ファイヤ!” って掛け声の本家本元ですよね、アントニオ猪木さーん(笑)


朝の始まりの挨拶をしてから、丸12時間経って、夜の11時ちょうどに終了の挨拶を短くしました。
みんな高揚した気分まだ冷めやらぬという感じで、顔が紅潮してる感じでしたね。

帰り間際、レフトアローンのオーナー店長の〇〇さんと、どちらからともなく固い握手を交わし、長い秋の一日は終わりました(⌒-⌒ )

交流会について
ホーム全記事一覧

メンバーを募集 しています♪

◇サウンドダックは、音楽の世界に於ける仲間(友達)創りの場です。
もちろん、年齢はまったく不問です。
(ヤング・ミドル・シニア)
今現在2017年、いつでも “音楽仲間” を募集していますので、ぜひお気軽にご連絡ください(^^♪

(連絡先は、10番目の記事●「連絡室への連絡方法です」 に記しています)

紹介記事のタイトル

                                    

あひる組リンク

QRコードです

読み取って電車の中でも見てください(^^♪

QR

今現在、見てる人

現在の閲覧者数:

取り合えず見た人