FC2ブログ

★ 社会人音楽サークル「サウンドダック」 大阪 / 京都 / 神戸 (関西) メンバー募集 (おやじ歓迎‐笑) ベーシスト急募 ☆ ジャズ&フュージョン♪

サウンドダックは、社会人の“音楽仲間の出会いと交友の場”です。 ジャズ、フュージョン、ファンク、R&B、ボサノバ、ポップス等を好きな人が集まり、上手い下手にとらわれず、自分なりに音楽を楽しもうとできた、年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の音楽サークルです。

プロフィール

連絡室“あひる君”(^^♪

Author:連絡室“あひる君”(^^♪
                           
◇音楽サークル「サウンドダック」は、“仲間を創って音楽を楽しもう!”を合言葉にして、関西で活動する年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の集いです。

◇交流会で気の合う仲間を創り、別の楽器の人と知り合い、世代と立場を超えて交友を広げ、自分の音楽をもっと楽しくしようというコンセプトで集まりました (^^♪

◇2009年7月には、雑誌「週刊ポスト」から取材を受け、写真と共に紹介文が掲載されました。(今現在は2019年)

カテゴリー

必見!FC2 ジャズ・ブログ

◆ 日本中のジャズ・フリークが登場して、けっこう面白いです。
いろんな人がいるもんですねー。

この中から 「サウンドダック」 を探して、
クリックしてください。栄冠の “第一位” に、ぜひご協力をお願いいたします(笑)
                   

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

4 サウンドダックのいろいろな活動

 
“交流会”から派生した様々な活動です(^^♪

活動の中心となる春・夏・秋・冬の交流会から、自然に広がったいろいろな活動があります。
交流会の案内は、5番目の記事に記してある連絡室のアドレスから行きますが、これらの各活動は、それぞれの担当リーダーが参加希望メンバーを登録して、別途に案内を送ります。
リーダーのアドレスは、別途、連絡室に問い合わせていただければお伝えしますね。

(SDとは、みんなが呼んでいるサウンドダックの略称です)


塩次伸二 / そう言えばあの頃、吉本興業の漫才師から音楽に転向した、“北京一” ってのがおったなぁ、誰か消息を知ってたら教えてください。「男でっせ、カルーセル麻紀!」というギャグでした(笑)


(1)SDBS ビギナーセッション

ジャズ初心者の練習会で、スタジオが主ですが、ライブハウスでも行います。
楽器組と歌組があり、セッションのルールなども勉強します。
ヴォーカルの方は、ヴォイストレーニングや、移調符の書き方も学びます。
登録メンバー数は、約80名
(内ヴォーカルは、約15名)

担当リーダーの〇ー君から一言(呼び名は可愛いですがミドル組です‐笑)(^^♪
「ジャズを勉強したり、練習を通じてジャズを身近に感じ、セッションを楽しめるようになってもらうのがこの練習会の狙いです。
たまご組とあひる組に別れて、段階を踏みながら練習しますので、初めての方もご安心ください。

皆さんの練習の成果を発表する場として、交流会で初心者コーナーを設けていただいており、演奏や歌唱を披露していただきます。
SDBSにご参加されますと、さらに交流会が楽しくなりますよ」

(2)SDJS 純ジャズセッション

スタンダードジャズを中心とした、スタジオ or 小さなライブハウスでの集いです。
登録メンバー数は、約50名

担当リーダーの〇むけん兄さんから一言(^^♪
「ジャズが大好きで演奏を楽しみたい、自分なりに音楽を追及したい方の集まりですので、初心者の方からベテランまで歓迎です。
事前に希望曲を調整しますので、練習期間を確保できるセッションです。
みんなで本格的なジャズセッションを楽しみましょう」

(3)SDPS ポピュラーセッション

ファンク、フュージョン、ソウル、R&B、ブルース、ポップスなど、幅広く、初心者からベテランまで、みんなが気軽に楽しめるセッションを目指しています。
登録メンバー数は、約70名

担当リーダーの〇っちゃんから一言(^^♪
「主催側で決めた定番曲に加えて、皆さんの希望曲も多く交えて行います。
ジャンルに捉われず、打ち上げ“飲み会”も含め、わいわいがやがやと楽しい集いにしたいですね」

(4)京都人会 京都セッション

京都方面の方々の集いとしてスタートしましたが、京都以外の方々も多いです。
毎回いくつかバンドを組んで、交流会に出ています。
登録メンバー数は、約40名

担当リーダーの〇ねぇから一言(烏丸御池のカサンドラ・ウイルソン‐笑)(^^♪
「交流会での出演の敷居を低くしたい、という思いで発足した集りです。
交流会の直前の時期に課題曲を練習して、有志で出演しています。
京都在住者以外も大歓迎です。
恒例の“祇園祭り飲み会”にもぜひ。
ご連絡お待ちしています」


コルトレーン2


(5)親睦会&新人歓迎会(飲み会) 

新しくSDに入った方&新しい方と仲良くなりたいと思っている方&単に飲み会の大好きな方との懇親の集い(笑)
新人の集り具合などを見ながら、SD広報メールで、メンバー全員へ呼びかけます。

担当幹事の〇えやんから一言(^^♪
「新しい方々と、従来からの方々とが、お酒を飲みながら親睦を深める会です。
いつも梅田の居酒屋の個室で行っています。
気軽な感じでご参加してくださいね。

新しい方々からは、最初どんなサークルなのか不安でしたが、親睦会でたくさんのメンバーと仲良くなることができて良かったとのお声をいただいています。
SDを知るにはまずは親睦会、みんなで楽しく飲みましょうね」

◇SDTwitterコミュニティ

初期の頃は、初代管理人の〇んさんが、毎日10ツイートほど呟いていた(笑)、歴史あるSDコミュニケーションツール
ただ今の五代目管理人は、女将と呼ばれています(笑)
コミュ参加人数は、約60名

女将の〇ゆから一言(^^♪
「サウンドダックのメンバー間のコミュニケーションにツイッターを使っています。
ぜひ日々のあれこれを呟き合って親睦を深めましょう。

コミュご参加の際は、プロフィール欄に"SD"と記入して、

@ayumin25252 鮎 アカウント

をフォローしてください、こちらからもフォローを返します。
少々大変ですが、この基軸アカウントのフォローを、全員フォローしてくださいね。

ツイッター広報は、代表の〇んさんから、このアカウントにツイートされますので、気に掛けて見ていただければと思います。
交流会やセッションの間には少し時間が空きますが、タイムラインで毎日のように会っているSD仲間は、その親密度においてやはり深いものがあるように思います。
SDツイッターコミュニティに、ぜひご参加くださいね」

◇SD公式Facebookアカウント

フェイスブックに、サウンドダックを紹介する公式ページもあります。
管理人は、SD広報担当の〇っちゃんです。
ツイッターコミュとも連携して、SDの情報を随時発信して行きます。

walkingduck33 (ユーザーネーム)

https://www.facebook.com/walkingduck33/

こちらもフォローをどうぞ宜しくお願いします♪


マイルス7


交流会にご参加された後、できましたら、どれかの部門に入られることをお薦めします。
いろいろな活動に参加することで、演奏の機会はもちろんとして、SD内の人脈ができ、より当サークルを楽しんでいただけると思うからです。
(複数登録もオッケーです)

各活動にご興味を持たれた方は、簡単な自己紹介を添えて、担当リーダーに直接連絡してください。
それぞれのリーダーが、それぞれのやり方で運営してますので、直接のやり取りの中で、そのシステムを把握して行ってください。

ひとつ筆者の座右の銘を紹介しておきますね。
それはこんな言葉です。
「一歩前へのきっかけ創り♪」

これら5つの活動の参加資格は、当然、サウンドダックのメンバーであることです。
サウンドダックのメンバーの定義とは、簡単に言えば、交流会(定例会)にご参加されている方となります。
(お仕事や特別な用事がある時は、もちろん別ですので、まったくお気遣いなく)

全員集合の場としての交流会が充実してこそ、サークルとしての統一感ができます。
そして、同じ空間の“共有感”を持つことで、同じサークルの仲間になれると思います。
それが春・夏・秋・冬の交流会です。
この主旨を共通認識として、ぜひみんなで“交流会”を盛り上げて行ってくださいね(^^♪


ショーケン


サウンドダックは、お店のセッションデーや、巷の対バンライブとは根本的に違います。
目指すのは、音楽を好きという趣味縁を元とした豊かな人間関係の環です。

目指すところは不変ですが、方法的には、状況に応じて、交流会のお店も、システムも、各セッションの内容も、また変わって行くと思います。
微力ながら、虚心坦懐、臨機応変に、上記のリーダー&交流会のスタッフ&セットリスト作成キャップ達と力を合わせて、よりみんなが楽しめるサークルを目指して行きますので、皆さんのご協力をどうぞ宜しくお願いします(⌒-⌒ )

テーマ毎のいろいろな活動
ホーム全記事一覧

メンバーを募集 しています♪

◇サウンドダックは、音楽の世界に於ける仲間(友達)創りの場です。
もちろん、年齢はまったく不問です。
(ヤング・ミドル・シニア)
今現在2019年、いつでも “音楽仲間” を募集していますので、ぜひお気軽にご連絡ください(^^♪

(連絡先は、5番目の記事●「連絡室への連絡方法です」 に記しています)

紹介記事のタイトル

                                    

あひる組リンク

QRコードです

読み取って電車の中でも見てください(^^♪

QR

今現在、見てる人

現在の閲覧者数:

取り合えず見た人