★ ジャズ & フュージョン 音楽サークル 「サウンドダック」  大阪 / 京都 / 神戸 (関西)+東京 メンバー募集 (おやじ歓迎‐笑) ベーシスト急募 ☆

サウンドダックは、社会人の “音楽仲間の出会いと交友の場” です。 ジャズ、フュージョン、ファンク、R&B、ボサノバなどを好きな人が集まり、上手い下手にとらわれず、自分なりに音楽を楽しもうとできた、年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の音楽サークルです。

プロフィール

 連絡室 “あひる君”  (^^♪

Author: 連絡室 “あひる君” (^^♪
                           
◎ 音楽サークル 「サウンドダック」は、“仲間を創って音楽を楽しもう!” を合言葉にして、関西で活動する年齢不問(ヤング・ミドル・シニア)の集いです。

◎ 交流会で気の合う仲間を創り、別の楽器の人と知り合い、世代と立場を超えて交友を広げ、自分の音楽をもっと楽しくしようというコンセプトで集まりました (^^♪

◎ 2009年7月には、雑誌 「週刊ポスト」から取材を受け、写真と共に紹介文が掲載されました。(今現在は2017年)

◇ このブログは、一番上のタイトル欄に並べてある言葉が、一行の間にちょうど収まる大きさの画面設定が “標準” です。

カテゴリー

必見! FC2 ジャズ・ブログ

◆ 日本中のジャズ・フリークが登場して、けっこう面白いです。
いろんな人がいるもんですねー。

この中から 「サウンドダック」 を探して、
クリックしてください。栄冠の “第一位” に、ぜひご協力をお願いいたします(笑)
                   

FC2Blog Ranking

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

10 サウンドダックの始まり (コラム1)


ー コラム1 ・ サウンドダックの始まり ー
 


2004年の1月、某ジャズ系の小さなお店に、7名が、第一回目のサウンドダックの “交流会” として集まりました。(2015年の今現在は約120名~)

サウンドダックの始まりについて、よく皆から訊かれるので、ここでちょっと軽く書いてみます (^^♪

(多分に、連絡係Mの個人的な記述になってしまいますが、どうぞお許しくださいねー)





マイルス・デイヴィス / 語録 「一度やったことをまたやって、いったい何の意味があるんだ」(ほんと飽き性なんだから-笑)




休日に、大型書店の中を立ち読みしながらブラブラしてる時、棚のある本に目が留まったことが、ひとつの切っ掛けとなります。

「辛口ジャズノート」 などの著作で有名なジャズ評論家の寺島靖国氏が書いた、「楽器でジャズを楽しもう」 という本です。

(寺島氏は、吉祥寺の 「ジャズ喫茶メグ」 のオーナーで、オーディオ評論家としても著名です。また、最近は、「寺島レコード」 というジャズ・レーベルも立ち上げ、あの澤野工房に、追い付け、追い越せの勢いです)


前書きに、寺島氏独特のくだけた口調で、こんな記述がありました。

「土曜日の午前二時、美酒片手、灯ほのかにソニー・クラーク・トリオを聴きながら、
まぁ、オレもいいジャズ人生を送ったな、と。
いや、待てよ、一つ足りなかった、楽器をやらなかった。
これはまずい、何回かやってみようかな、とは思った。
しかし、遂に実行に移すことはなかった。
残念と言えば残念…。
こんな風に考えるジャズファンってけっこう沢山いるんじゃないでしょうか。
実は私もその一人だったのです。

(中略)

とにかく、やってみたら、“ひゃあ” です、こんなに面白いものなのか。
なんでもっと早くに手を染めなかったのか、ひたすら悔しい。
でも、まぁいいや、ついにやらなかった人に比べれば、なにしろやってしまったのだ」


(因みに寺島靖国氏は1938年生まれ、深夜しみじみこう思って、トロンボーンを買い、この本を刊行したのが2002年、楽器を始めた時の年齢は推測してくださいー笑)




カエターノ・ヴェローゾ / “世界一甘い声” とのキャッチフレーズは本当ですね。(甘くて渋い、そうそう、おはぎとバーボンは意外と合いましたよ~)




この本は、けっこう感慨深いものがありましたし、ある種、ある状況の人間にとってはけっこう刺激的なのかも知れません。

自分自身を振り返って、高校時代に日野皓正に憧れトランペットを少々かじった、社会人になってからも、アルト・サックスをほんの少しだけかじった、ビブラフォンをやろうとして、“おもちゃの木琴” を買ったこともある(笑)
しかし、仕事の緊張と疲労の慌ただしい日々のなか、青い野望もいつしかつい消えて行った…。


暫らくして、三ノ宮ビブレの楽器店で、ダキストのフルアコ・ギターの美しい姿形をぼんやり眺めていると、40代半ばにして、突然、また楽器をやってみたくなり、衝動買いをしてしまいました。
クレジット・カードって本当に怖いですね(爆)

(なぜ初志貫徹、トランペットでなかったのか-? 正直に白状すれば、“吹く” という行為が、何んともしんどそうに思えたんです。ギターなら、夜、コタツに足を入れたまま、テレビのニュース番組を見ながら、練習できると思ったんです。だから今だに一向に上達しないんですがー笑)


その後、音楽教室の個人レッスンに、少し通ったりしていましたが、ギターを部屋で一人ポロポロ弾いていると、今度は、楽器をしている同じ者同士で、“音楽の話し” を、無性にしたくなって来ました。

楽器をしていると、“毎日が発見” ですね、コードの仕組みはこうなっているのか、これがセカンダリー・ドミナントなのか、なるほど、なるほど、、、だから飽きないんですよね。

この小さな発見を誰かに言いたくてたまらない、発見したことを人に言いたいのは世の常、人の常です。
梅田や三ノ宮のバーで、常連仲間に向って、「ボサノバの あの “ノリ ” は、アンティシペーションにあるんやなぁ」 とか言っても、野球の話しに夢中で、誰も興味を持ってくれません。

楽器をしている同じ仲間同士で、ああだ、こうだと語り合いたいと思いました、もちろん生ビールのジョッキーを片手に(笑)




ロベン・フォード / コンテンポラリー・ブルース王子。(いつか王子様が♪~今夜も “女子会” で盛り上がっている皆さん、大丈夫、きっと来るよ、あきらめないで~)




そんな時、作家で、元経済企画庁長官の堺屋太一氏が、NHKの教養講座で、講師として話していたのを偶然に見ました。
(普段はこのような高尚な番組は見ませんが、テレビをつけた時に、たまたまやっていたので、たまたま見たんですー笑)


以下は、堺屋太一氏の話しの大よその概略です。

「今までの日本の社会は、学縁、地縁、職縁の三つの縁で成り立っていた。
つまり平たく言えば、学校の友達、近所の付き合い、職場の同僚の縁を元とした人間関係の社会です。

しかし、より豊かに生きる為には、同じような感性を持った人々が、その感性を基盤とした人間関係の輪を作らなければならない。
それが、“趣味縁”の社会です。

同じ趣味を持つ人どうしは、たまたま同じ学校だった、たまたま近所だった、たまたま同じ会社だった、という偶然の人間関係ではなく、人間として最も核(コア)となる感性の部分で同類項ですから、分かり合える関係、つまり、真の意味での豊かな人間関係が築ける可能性に満ちています。

21世紀は、趣味縁を元とした社会を作らなければならないし、人間が豊かに生きるには、それが必要なのです」


さすが、大ベストセラー小説 「峠の群像」 の作者で、元通産官僚にて小渕内閣の閣僚、ちょっと感動しましたね。

「ああ、そうなんだなぁ」 と、何かを発見した気分でした。
共通の趣味趣向とは、感性の近似値なんですね。




タル・ファーロウ / あだ名は “オクトパス”(タコのように大きな手)。高速フレーズの秘密は蛸。たこ酢を三回続けて注文したことありますよ(笑)




ワープロで、「ジャズ&ボサノバ/音楽仲間募集」 との小さなリーフレットを15枚作り、それを中古レコード屋さんの棚の片隅に、恐る恐る、こっそりと置いてみました(笑)

二週間ほどの間に、7人からメールが入り、誰よりも置いた本人が、まさにびっくり仰天でした!

強く思ったことが、一つあります。
それは、「ああ、皆、同じように音楽仲間を求めているんだなぁ」 という率直な感想でした。
これが、“音楽サークル・サウンドダック” の始りです。
 

 


 

堂島のとあるバー風焼き鳥屋のカウンター席でのひとこま。

隣合わせた見知らぬ紳士と、店内に流れていた音楽の話題になりました。
(その時の曲は、マイルスとミルト・ジャクソンが演奏する 「ザ・マン・アイ・ラブ」 でした)
お互いに、お酒の勢いと週末の解放感、けっこう意気投合。


「最近、ちょっとしたジャズの集まりが出来たんですが、何かいい名前はないですかぁ」
「どんなイメージの集いなんですか?」
「すごい上手い人がバリバリ演奏するという感じではなく、まぁ、なんて言うか、あひるがヨチヨチという感じかな~」
「あひるのイメージの音楽集団なんですね、ハハハッ面白いですね」
「あっ、じゃあ、音楽とあひるを合わせたら “サウンドダック” か、なかなかええな、これで行きますわ!」(笑)

因みにその方とは、それっきりお会いしていません、どこかでお会いしたら、再開を祝して、もちろん焼き鳥くらいは奢りたいんですが(爆)


そんなこんなで、サウンドダックは、深い考えと思い付きの成り行きとが入り混じり(笑)、音楽仲間を求める多くの方々の声に後押しされ、“音楽の好きな社会人のための仲間創りの場” として発足しました (^^♪


(10番目の記事に、コラム2として続きます)



サウンドダックの目的 (コラム)

11 サウンドダックの今 (コラム2)


ー コラム2 ・ サウンドダックの今 ー


サウンドダックは、“音楽が好きな社会人のための仲間創りの場” です。
このコンセプトは不変ですが、始まりから今現在まで、その時々に於いて、様々な紆余曲折もあります。

コラム2では、音楽サークルとしての全体像を、いい面も、悪い面も含めて、出来るだけオープンに書いてみます。
その上で、この集いを大きく捉え、何らかの “ご自分なりの楽しみ” を見付けていただければ嬉しいです (^^♪




マイルス・デイヴィス / 語録 「俺はずっとギターを探してるんだ、ジミ・ヘンドリックスのようなギターを弾く奴を」(そやけど、歯でギターを弾く奴はなかなかおらんでしょ-笑)




最初の集いの時に、こんな失敗がありました。
来られていた方のお勤めになっている会社が、知名度があり良く知っていたので、持ち前のおっちょこちょいな性格から、それを話題にし、ペラペラと喋っていました。

けっこうキツく叱れてしまいました。
「僕は、朝の8時から夜の10時近くまで、毎日、神経をすり減らして働いているんです。それを忘れたくて、今日、ここへ来たんですよ、止めてください、そんな話しは!」

そのお怒りはまさに正論でした。
それ以来、絶対に仕事の話しはしないように、訊かないようにしています

そうそう、仕事の世界とまったく別の世界だからこそ、こういった集まりに意味があるんでしたよね(大反省)

 


 

 
最初の4年間ほどは、小さな手作りリーフレットを色んな所に置きに行ったり、楽器店のメンボコーナーに貼り紙をしたり、ポスターを作って市民の掲示板に貼りに行ったりしてました。
(リーフレットはすぐに捨てられるので、毎週、金曜日の夕方は、それをノルマにしてたんです、それが終わるとホッとし、やっと週末のビールが飲めたんですよー笑)


「HPはありますか?」 との問い合わせが頻繁にあるので、2007年の夏ごろから、こんな拙い案内ブログをちょこちょこと創っていたら、関西全域の広範囲から皆さんが集まるようになり、ずいぶんと賑やかになって来ました。


大人数になりましたので、いつの間にかサークル内派閥も出来てきました(?)
SDというのは、皆がよく使うサウンドダックの略称ですが、SDラーメン党(醤油派)、SDファンク党、スクエア大好きクラブ、サウンドB(つまりB型の集まり)、サウンドドッグ(戌年生まれの集まり)、昭和歌謡曲をカラオケで唄う会、サックス美女軍団(自称)などがあるそうですよ♪

(~あくまでも風の便りなんで、どこまで本当か、単なる “お笑いネタ” かは知りませんが~笑)


2009年の7月には、なんと 「週刊ポスト」 の編集部から、ぜひサウンドダックを取材したいと連絡がありました。

こういった大手の雑誌は、記事の信憑性を重視して裏付けを取ろうとするのか、非常に過去にさかのぼり、こんなことは関係ないと思えるようなことまで、広範囲に訊いて来るので驚きました。
音楽サークルの取材なのに、「生まれたのは大阪市内ですか?」 「朝起きて一番最初に何をしますか?」 というような質問を次々とされて、しまいには笑ってしまいました(笑)

発売日の朝、ワクワクして、さっそくコンビニで読んで見れば、記事のテーマは、“趣味に生きるオヤジ特集” みたいな感じのものでした。
いつの間にか、知らない内に、オヤジの代表にされ、かなり心外でしたが(笑)

いずれにしても、全国誌に取材され光栄でした (^^♪




ジョアン・ジルベルト / 壁がタイルだから音が良く聴こえるという理由で、一日に12時間も “風呂場” にこもってギターを聴いてる奇人変人さんです♪ 




回を重ねるごとに、だんだんと人数が増え、また、演奏の上手い方々もたくさん来られるようになり、交流会はセッション大会の感を呈して来ました。

こんなに嬉しいことはありませんが、人数が増えて来ると、もちろん会としての問題点や、それぞれの人にとって面白くないことも、いろいろとあると思います。
取りあえず、今、頭に思い浮かんだことを、思い浮かんだままに挙げてみます。
(単なる思い付きなんでしょと言われれば、まぁ、それはそうなんですがー笑)


セッションタイムでは、上手い下手なしのコンセプトであっても、どうしても上手い人が主役になってしまい、なかなか初心者の出番がない。
ぶっつけ本番のセッションは、ある程度セッション慣れしていないと、そうはすぐには合わせられない。
楽器を持って交流会に行ってはみたが、いきなり、飛び入りセッションに出る “勇気” はなかった。

司会者にリクエスト用紙を出したのに、すっかり忘れられてしまっていた。
友達になりたいと思った人が、他の人と話に夢中だったので、話しかけるキッカケがなかった。
会場となるお店が遠いので、後半の盛り上がってきたところで帰らなくてはならず、とても残念だった。

交流会とは別に、練習の場となるような機会を作って欲しい。(以前はやってましたが)
性格がシャイなので、交流会、親睦会のワイワイした雰囲気に気おくれしてしまった。
たまたま隣になった人が、どうも肌が合わなかった(笑)

ピーク時には、もうギッシリでギューギュー詰めだった、あまりにも店が小さすぎる。
集まりから、集まりまでに期間があるので、せっかく仲良くなりかけたのに間が開いてしまう。
ただでさえ下手な上に、いつもビールを飲み過ぎて酔っ払い、セッションに引っ張り出されても、もうメチャクチャ!(筆者のことー失笑)




ジミ・ヘンドリックス / 享年27才、今でも時々悲しくなります。でも、おじいちゃんのジミヘンを見る方がもっと悲しかったかも~




いろいろなご意見、ご感想をいただく度に、いつも、ああしようか、それとも、こうしようかと解決策を模索して来ましたが、オープンに言えば、皆、一人一人、思うこと、感じることが、まったく違うんですよね。

人数が多すぎると言う方もいますし、逆に、もっともっと人数が多い方がいろんな人と出会えて楽しい、と言う方もいます。
セッションのレベルが高くて着いて行けないと言う方もいますし、逆に、セッションのレベルが低いので、もっともっとレベル向上を目指さないといけない、と言う方もいます。


試行錯誤しながら何年かやっていて、迷ったり、いろいろと考えたりしましたが、つくづく思うのは、それぞれの方の “自主性と積極性” を、尊重する他ないんだということです。

サウンドダックという音楽サークルは、音楽の仲間創りのきっかけとなる、場の提供なんですねー。
それぞれの方が、それぞれの目的、それぞれの方法で、この雑多な集いを、その人なりに、“うまく利用” していただければ、それが一番いいんだと思います。



そして、それらのことをすべて踏まえた上で、清濁併せ飲み、この集いに、何らかの意義や楽しみを見つけていただければ、サウンドダックのロゴ・キャラクターの “あひる君” も、本当に喜んでくれると思います(笑)



“あひる君”(真面目そうな顔して、けっこう夜遊びしてるそうやな、あんた、サウンドダックのイメージキャラクターやろ、こら~)



たくさんの人達が「サウンドダック」 に来られていますが、すべての方とメールで知り合い、メールでつながっています。
逆から言えば、メールのやり取りが途絶えることで、その関係も途絶えてしまう訳です。
メールというのは非常に便利な反面、人間関係に於けるトラブルが多いのもまた事実です。
この機会にちょっとそのことを書いてみますね。


ひとつの例ですが、仮にAさんが、Bさんに、メールを送ったとして、三日も四日も返信がなかったとしたら、
あるいは、やっと返信があっても、たった一行のまったく愛想のないメールであったなら、
もう今後、Aさんは、Bさんに、ライブの誘いや、練習の誘い、飲み会の誘いや、親しみを込めたプライヴェートな誘いなどはしなくなるでしょう。


最悪は、Bさんが、うっかりと返信をするのを、忘れてしまったという場合です。
送った方のAさんは、当然、返信があるのを今か今かと待ちます。
そして、そのまま返信がなければ、無視されたと思います。
話しかけたのに、知らん顔をされたように感じるんですね。

Aさんにとっては、なぜ返信がないのかを、訊くすべはないんです。
(と言うより訊けないですよね…)

返信がないということで、大切な人間関係、あるいはその可能性が壊れてしまった、という例をたくさん聞いて来ました。
つまり、Bさんが、「うっかり忘れてた」 では済まないんですよねー。

その日の内か、遅くても翌日には、きちんとした文章で返信があることで、「ああ、この人は自分の好意を受け留めてくれている」 と感じ、それが相手への安心感、信頼感、そして期待感になるのだと思います。


現代社会に於いてメールというのは、好むと好まざるとに関わらず、連絡ツールであると同時に会話なんですね。
メールが会話のように、“キャッチボール” になる方は、それが相互作用を生み、メールをツールとして、自然と人間関係が広がって行くように思います。

「きちんとした返信が、タイムリーにあることで生まれる誠実感」、それが音楽の仲間創りにおいても、非常に大切なものだと思いますがいかがでしょうか。


(缶ビールを飲みながらパソコンを打ってたら、ついウダウダと言ってしまいました、ごめんなさい、お許しください、これじゃあ、説教酒やぁ~爆)




スティービィー・レイボーン / 80年代にオーソドックスなブルースで世に出たのは奇跡的でした。(上手いこと時代の隙間に入り込んだ、なかなかの “商売人” とも言えますが-笑)




最初は有志が集まって、個人的にミニ飲み会をやっていましたが、だんだんと人数が増え、いつの間にか飲み会も、“親睦会” として、サウンドダックの正式行事になりました。

今の交流会は、どうしても演奏中心の集いになっていますので、お酒を介在した話の集いの親睦会の方が、いろいろな人と親しくなりやすいという声もあります。


梅田界隈のチェーン系居酒屋の座敷席は、すべて見て回りました。
今、使っているお店は、一応、梅田では一番大きな座敷部屋です。
お店の選択基準は、ひとえに部屋の大きさなんで、料理の内容は論評しないでくださいね(笑)


普通、どこのお店も飲み放題のシステムは、二時間制です。(特に金曜日は絶対です)
しかし、わずか二時間では、さあ、これからっという時に、あっという間に終わってしまうんですよね。
そこでサウンドダック親睦会は、必ずお店と粘りに粘って交渉し、三時間制にしてもらっています。
料金の設定は、“三時間制の飲み放題” と認識してくださいねー。
そして、この方が二次会に行かなくて済みますから、結局、安上がりなんです。


平均的システムとして、どこも飲み放題時間の30分前に、飲み物のラストオーダーになります。
“極秘の作戦” ですが、ラストオーダー直前の5分前くらいに、全員で、ビールなど飲み物をドンドン大量注文しましょう(笑)

予定時間(いつも10時30分)の過ぎた後に、そのまま皆でワイワイと残っていても問題はないみたいです。
まぁ、その後、そんなに夜遅くから、大部屋の宴会を予約している奇特なグループもいないでしょうから(笑)


年齢バラバラ、仕事も立場もバラバラ、それでいて、ひとつの部屋に集まり、打ち解け、仲間になる、やっぱり “音楽”って本当に素晴らしいですね (^^♪




南沙織 / 誰もいない海♪二人の愛を確かめたくって♪(中学生の頃、好きで好きで胸が苦しく、ご飯を食べられなかったんですよ-笑)




突飛ですが、面白いエピソードを紹介して最後にします。

難波に、神座(かむくら)という行列のできるラーメン屋があります。
いつものように最終電車の時間を確認してから、ラーメンを食べていると、壁に貼り紙があって、こう書いてありました。

「当店のラーメンは、一回食べただけではこの味は分かりません。必ず三回以上食べて下さい。だんだんと美味しく感じます」

(それにしても、上手いこと言うもんですね~)

時計を見つつ、慌てて食べながらハッと思いました。

音楽サークル・サウンドダックの交流会、親睦会とも、一回来られただけではその味は分からないかも知れません、最低でも三回以上来られると、知り合いが増えて楽しくなり、だんだんとその味が分かって来ます(笑)


音楽をキーワードとした、趣味縁の豊かな人間関係を創る、“小さなお手伝い” が出来れば幸いです (^^♪

 



サウンドダックの目的 (コラム)
ホーム全記事一覧

メンバーを募集 しています♪

◆ サウンドダックは、音楽の世界に於ける仲間(友達)創りの場です。
もちろん、年齢はまったく不問です。
(ヤング・ミドル・シニア)
今現在2017年、いつでも “音楽仲間” を募集していますので、ぜひお気軽にご連絡ください (^^♪

(連絡先は、13番目の記事 「連絡室への連絡方法です」 に記しています)

紹介記事のタイトル

                                    

あひる組 リンク

QRコードです

読み取って電車の中でも見てください(^^♪

QR

今現在、見てる人

現在の閲覧者数:

取り合えず見た人